稲作管理情報

柏崎農業普及指導センターが発行する稲作管理情報等を掲載します。

稲作の管理にお役立てください。

稲作管理情報

【緊急情報】柏崎・刈羽地域稲作だより

本日(8月3日)、柏崎では最高気温が37℃となる予報が出ています。

出穂後の大事な時期になりますので、地域の用水計画を確認し、高温になる前に湛水し、高温が過ぎ去ったら水を更新するなど、可能な限りこまめな水管理の徹底をお願いします。

第9号―緊急柏崎・刈羽地域稲作だより

  • 葉色が淡いほ場は、追加の穂肥を実施
  • 8月は高温予想!こまめな水管理で稲体活力を維持

第8号―コシヒカリの1回目穂肥は倒伏回避のため施用しない

  • コシヒカリの1回目穂肥は倒伏回避のため、施用しない。2回目穂肥は後期栄養維持のため、確実に施用する
  • コシヒカリの出穂は8月4日頃の見込み

生育状況(7月20日現在)

  • コシヒカリ:草丈・長い、茎数・やや少、葉数・並、葉色・並
  • こしいぶき:草丈・長い、茎数・並、葉数・やや早い、葉色・やや濃い

今後の管理のポイント

  • コシヒカリの穂肥施用
  • こまめな水管理で稲体活力維持
  • 病害虫防除 -カメムシ防除と葉いもち防除を徹底

第7号―コシヒカリの出穂は8月4日頃の見込み

  • コシヒカリの草丈が急速に伸び、葉色が濃いまま。1回目の穂肥は、原則施用しない(ほ場の淡い所のムラ直し程度の施用のみ)
  • コシヒカリの出穂は8月4日頃の見込み

生育状況(7月15日現在)

  • コシヒカリ:草丈・長い、茎数・やや多い、葉数・並、葉色・濃い
  • 倒伏のリスク大きくなっています

今後の管理のポイント

  • コシヒカリの穂肥施用

第6号―1回目穂肥は慎重に

コシヒカリの葉色が濃い:1回目穂肥は慎重に(必ず生育診断を行う)

生育状況(7月8日現在)

  • コシヒカリ:草丈・並、茎数・並、葉数・並、葉色・濃い
  • こしいぶき:草丈・長い、茎数・やや多、葉数・並、葉色・やや濃い

今後の管理のポイント

向こう1 カ月間、気温は高めで、期間の前半は平年と同様に曇りや雨の日が多い予報(7月8日発表新潟地方気象台)

  • コシヒカリの水管理
  • 穂肥施用
  • 葉いもちの発生に注意

第5号―出穂は平年並の見込み

出穂は平年並の見込み。早生の1回目穂肥を遅れずに施用する。

生育状況(6月30日現在)

  • コシヒカリ:草丈・やや短い、 茎数・やや多い、 葉数・並、 葉色・並
  • こしいぶき:草丈・やや長い、 茎数・並 、 葉数・並 、葉色・やや濃い

今後の管理のポイント

向こう1 カ月間、気温は高めで、平年に比べ曇りや雨の日が多い予報(6月24日発表新潟地方気象台)

  • コシヒカリは中干しをしっかり行い、遅くとも出穂の30日前を目途に中干しを終了。浅水の間断かん水を行い、徐々に飽水管理に移行する
  • 早生の穂肥は遅れずに実施
  •  病害虫防除の徹底(葉いもち、斑点米カメムシ類)

第4号―遅い田植えでも中干しを早急に実施

  • 遅い田植えでも中干しを早急に実施
  • 中干しは出穂30日前までに終了する

生育状況(6月21日現在)

  • コシヒカリ:草丈・並、茎数・並、葉数・並、葉色・並
  • こしいぶき:草丈・長い、茎数・並、葉数・やや多い、葉色・濃い

今後の管理のポイント

向こう1カ月間、気温は高めで、平年と同様に曇りや雨の日が多い予報(6月17日発表新潟地方気象台)

生育が遅れ気味で推移してきたが、現在は指標値並。しっかり中干しを実施して草丈の伸長、茎数の増加を抑える。

  • 小ヒビが入るまで中干しを徹底
  • 病害虫防除の実施

第3号 ―今後の気象により稲の茎数は急増する見込み

早生品種、コシヒカリとも茎数を確認し、目標穂数の8割を確保したら、ただちに中干しを開始する。

生育状況(6月10日現在)

  • コシヒカリ:草丈・やや短い、茎数・やや少ない、葉数・やや少ない、葉色・淡い
  • こしいぶき:草丈・並、茎数・少ない、葉数・並、葉色・並

今後の管理のポイント

  • 目標穂数の8割の茎数(コシヒカリは1平方メートル当たり250~280本、1株当たり15~18本)に達していたら、ただちに中干し
  • 溝切りは必ず実施
  •  いもち病防除の徹底、畦畔等除草の徹底

第2号 ―品種毎に中干し開始時期を確認し、遅れずに実施する

コシヒカリの中干しは田植え後25日、多収性品種は田植え後35日、こしいぶきは田植え後30日を目安に開始。

生育状況(5月31日現在)

  • コシヒカリ:少日照と風等の影響で、草丈・やや長い、茎数・少ない、葉数・並
  • こしいぶき:草丈・長い、茎数・少ない、葉数・並

今後の管理のポイント

  • 中干しは遅れずに実施(中干しの遅れは品質低下に直結します)
  • 病害虫防除の徹底
  • 雑草対策

第1号 ―浸種・種子消毒は確実・ていねいに行いましょう

北陸地方3カ月予報

向こう3カ月の気温は、高い確率50%

  • 3月:天気は数日の周期で変わり、気温は高い確率60%
  • 4月:天気は数日の周期で変わり、気温は平年並み
  • 5月:晴れの日が多い見込み。  気温は平年並みか高い

管理のポイント 

  • 発芽の安定には、浸種時の字の水温に注意
  • 品種特性を踏まえた適期の田植えを

フェーン緊急情報

新潟県では7月上旬から9月上旬まで、次の基準でフェーン情報を発信します。

  1. フェーンの発生による品質低下(白穂、白未熟粒、胴割れ)が懸念されるとき
  2. 1の条件かつ台風接近時または通過時の最高気温の予想範囲の上限が37度に達すると予想されるとき

詳しくは、新潟県ホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農政課 農業振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2295/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年07月20日