ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

指定管理者制度

指定管理者制度は、多様化する市民ニーズに対して、より効果的・効率的に対応するため、民間能力を公の施設の管理運営に活用して、サービスの向上やコストの縮減を図ることを目的としています。

本制度は、平成15年9月に創設されました。

指定管理者制度ガイドライン

本ガイドラインは、公の施設の管理運営において指定管理者制度を運用する際の事務処理などについて、基本的な考え方と標準的な取り扱いを示すものです。

平成29年度にこれまでのガイドラインを全面的に見直し、平成30年4月に「指定管理者制度ガイドライン」として改定しました。
改定に合わせ、これまで別にしていた協定書などの様式を本ガイドラインに統合しています。

モニタリング

モニタリングとは、指定管理者により提供されるサービスが、協定書・仕様書に定められた水準を充足しているか、官民双方で確認することです。

本市では、平成19年度に策定した「指定管理者制度におけるモニタリングに関するガイドライン」に基づき、指定管理者・利用者・市担当課の3つの視点で行っています。

モニタリング結果

平成29年度

平成28年度

平成27年度以前のモニタリング結果は、財務部財政管理課にお問い合わせください。

柏崎市の取り組み状況

本市は、平成16年8月に「公の施設の指定管理者制度導入に係る運用指針」を策定し、制度の円滑な導入と適切な運用を図ってきました。

平成16年度にワークプラザ柏崎を「指定管理者による施設の管理運営」としてスタートし、その後、他の施設も順次導入してきました。

指定管理者制度導入施設

平成31(2019)年4月1日現在の導入施設数は、73施設です。

各施設の指定管理者、指定期間などの詳細は、以下のファイルをご覧ください。

指定管理者の選定の状況

各年度の指定管理者の導入・更新施設の状況は、以下のファイルをご覧ください。

指定管理者選定委員会

本市は、指定管理者の候補者を選定するため、市民の有識者からなる「柏崎市公の施設指定管理者選定委員会」を設置しています。

選定委員会では、指定管理者制度を新たに導入する施設と指定管理者の更新の手続きを行う施設の指定管理者について選定審議を行い、指定管理者となる候補者を選定しています。

選定された指定管理者の候補者は、市議会での議決により、指定管理者として指定されます。

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部財政管理課資産管理班

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 第二分館2階

電話番号:0257-21-2328

ファクス:0257-23-5116

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?