東京電力ホールディングスに「新型コロナウイルス感染症対策について」の文書を発出(令和2(2020)年4月24日報道発表)

市は、市内での新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、東京電力ホールディングス株式会社に対して、次のとおり「新型コロナウイルス感染症対策について」の文書を発出しましたのでお知らせします。

提出文書

提出日

令和2(2020)年4月24日

宛先

東京電力ホールディングス株式会社

代表執行役社長 小早川 智明 様

提出者

柏崎市長 櫻井 雅浩

内容

令和2(2020)年4月18日、柏崎市において初めてとなる新型コロナウイルス感染症患者が確認された。貴社社員であった。以来、本日4月24日に至るまで市内で確認された感染者4名全てが、貴社社員もしくは御家族である。この事実は、柏崎市民にとって衝撃的であり、非常に重い事実である。もちろん、偶然、という可能性もある。また、感染された御本人はもとより御家族のショックも非常に大きなものであると拝察する。

しかし、柏崎市民の不安を少しでも解消させていくことが私の務めであると考える。

ついては、下記事項に関し、善処いただきたい。

  1. 感染された御本人のプライバシーには可能な限り配慮しながらも、デマや流言飛語を生み出さないよう、会社として患者の一定程度の行動履歴などを明らかにし、第一義的には新潟県に提供していただきたい。また、御社の対応策の周知を図り、市民の不安解消に御尽力いただきたい。
  2. 柏崎刈羽原子力発電所サイト、関連施設、事務所内で働く貴社及び関連企業並びに協力企業社員に対し、改めて、安倍内閣総理大臣の「不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することを絶対に避けるようお願いする」という御発言について、貴職において強く周知するメッセージを発出していただきたい。

以上

情報発信元

柏崎市危機管理部防災・原子力課(電話番号:0257-21-2316)

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 元気発信課 情報発信係

〒945-8511
新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2311/ファクス:0257-23-5112
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年04月24日