1.妊娠期から子育て期まで切れ目なく応援

子育て世代包括支援センターで切れ目なく応援

赤ちゃんを抱いたお母さんのイラスト

子育て世代包括支援センターでは、子育てに関する情報提供・相談・支援などを行っています。

必要に応じて医療・福祉などの関係機関と連携し、妊娠期~子育て期の皆さんが安心して過ごせるようにサポートします。

妊娠期

母子健康手帳の交付・保健師面談

窓口で母子手帳を渡す職員

「心配事はありませんか? いつでも相談してください」

保健師が、妊婦さんに健康面や産後の支援について、お話を伺います。

妊婦健診助成

出産前のパパママセミナー

妊娠中の生活は?
赤ちゃんの大きさは?
お産はどう進むの?

助産師が妊娠~出産、産後の生活まで分かりやすくお話しします。

胎児モデルを使って妊娠週数ごとの赤ちゃんの大きさを説明する助産師

胎児モデルで赤ちゃんの成長を確認。
夫婦で協力して、今の生活を楽しみましょう!

床に寝転んで妊婦体操を教えてもらう妊婦さんたち

妊婦体操で、お産に向けた体づくり。
むくみ・腰痛にも効果あり!

人形を使って沐浴体験をする男性

赤ちゃんの人形で、お風呂入れ(沐浴)体験。
「パパになる自覚が強くなりました!」との声も。

口の中の状態を診察してもらう妊婦さん

ママと赤ちゃんの歯のために歯科健診。

出産・産後期

助産師訪問

赤ちゃんの健康状態や体の発育状態を調べる助産師

赤ちゃんの様子を確認中

赤ちゃんが生まれると、生後1カ月までの間に助産師が訪問し、赤ちゃんの体重測定や健康状態を確認します。

助産師に母乳や子育ての相談をすることができます。

主任児童委員訪問

子育て期

乳幼児健診・子育て学級・予防接種

ずっと(妊娠から子育ての全期間)

「どうして泣き止まないの」「おっぱいは足りているの」と心配するママのイラスト

ママたちの悩みはさまざま。妊娠・出産のことで困ったら、いつでも聞いてくださいね!

妊娠に関すること、産後の体や赤ちゃんの育児、母乳のことなどを、子育て世代包括支援センターの助産師に相談できます。

一人じゃない みんなで子育て

「子育てを手伝ってくれる人がいない」などでお困りの方は、子育て世代包括支援センターにご相談ください。

サービスを紹介します。

ファミリー・サポート・センター

子育てのお手伝いをしてほしい方(依頼会員)と、お手伝いをしてくださる方(提供会員)が、お互いに助け合う子育て応援ネットワークです。

保護者がリフレッシュしたい時や、就職活動の時など、お子さんをお預かりします。

育児支援ヘルパー事業

双子・三つ子のお子さんのいる家庭や、保護者が病気の家庭、日中、育児の協力者がいない家庭など、家事を十分に行えない場合や困難な時に、家事援助サービス利用料の一部を助成します。

子育て世代包括支援センターに関するお問い合わせ

子育て世代包括支援センター(子育て支援課内)

  • 住所:柏崎市栄町18-26(元気館)
  • 電話番号:0257-20-4215
  • ファクス:0257-20-4201

 

次のページ「2.パパ・ママにインタビュー 教えて!あなたの子育て」を読む→

(注意)このページは、広報かしわざきの特集を基に作成しました。広報かしわざき令和2(2020)年9月号(ナンバー1218)のPDF版でもご覧になれます。

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 元気発信課 情報発信係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2311/ファクス:0257-23-5112
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年09月04日