2.パパ・ママにインタビュー 教えて!あなたの子育て

子育てに不安はつきもの でも、話せるだけで気持ちが楽に!(三宮さん夫妻)

助産師訪問時に、夫婦でインタビューにご協力いただきました。

三宮さんご家族の紹介

赤ちゃんを抱っこする竜一さんと赤ちゃんのほほにやさしく触れる美沙子さん
  • パパ:竜一さん
  • ママ:美沙子さん
  • 長女:あかりちゃん(5歳)
  • 次女:ひかりちゃん(1カ月)

年齢は取材時(7月)のものです。

インタビュー内容

この日のひかりちゃんの体重は、4550グラム。すくすく成長中

美沙子さん:母乳やミルクをよく飲んでくれて、私たちもびっくりするくらい、みるみる大きくなりました。

入院中は長女が心配だった

美沙子さん:私の体調が悪く、出産前は1カ月ぐらい入院しました。入院中、長女のことが心配でした。新型コロナウイルス感染症の影響で、家族と面会できず、さみしかったです。時々、夫が病院の駐車場から娘と手を振ってくれました。

竜一さん:寝る時、涙をこらえている娘も、窓越しでも妻の姿を見ると、「私も泣かないでがんばるから」と自分に言い聞かせていました。

美沙子さん:入院中、毎日不安でしたが、先生や看護師さんが親身になって話を聞いてくれて、寄り添ってくださり、とても救われました。

1人目の子育ては不安で助産師によく相談していた

美沙子さん:2人目は、1人目より勝手が分かるので、気持ちも落ち着いていました。1人目の時は全てが不安でした。助産師さんのところに夫婦で何度も相談に行ったり、電話で聞いてもらったりして、助けてもらいました。
家にいると自分だけの考えになり不安が募るので、話せるだけで全然違いました。

1人目とは違う悩みも。夫と奮闘中

ひかりちゃんのおむつを替えようとする竜一さん

美沙子さん:長女は完全母乳でしたが、次女は母乳だけでは満足せず、ミルクを足しています。夜なかなか寝なくて、布団に寝かせると泣くので、夫婦で試行錯誤中です。夫がなんでもやってくれるので助かっています。

竜一さん:同居の家族も、家事や長女の面倒を見るなど、いろいろと協力してくれています。

インタビューを終えて…

初めての子育てでなくても、大変なこともありますよね。

三宮さんは、夫婦で試行錯誤しながら子育てしています。

皆さんも自分に合った方法で、無理しないでください。大変な時は家族・助産師などに相談を!

双子を産んでよかった!たくさんのサポートのおかげで乗り越えられた(村田さん)

双子のママ、村田さんに妊娠期から現在の子育てについてお聞きしました。

村田さんご家族の紹介

はなちゃんとひなちゃんの間に座る彩花さん
  • パパ:基(はじめ)さん
  • ママ:綾花さん
  • 姉:羽菜(はな)ちゃん(4歳)
  • 妹:陽菜(ひな)ちゃん(4歳)

年齢は取材時(7月)のものです。

インタビュー内容

双子を妊娠し不安だった

夫の姉も双子を出産していて、双子育児の大変さが分かっていた分、不安でした。毎晩、インターネットで双子育児のことを調べていました。気が付いたら朝になっていたことも…。

双子の出産

出産は予定通りで順調でした。ただ、退院するまでが、母乳指導などがあり、一番つらかったです。

たくさんの手があったから乗り越えられた

ピクニックチェアに座る基さんとその周りではしゃぐはなちゃんとひなちゃん

退院後、新潟市の実家に里帰りしました。また、夫が3週間育児休暇を取得しました。柏崎市に戻ってからは夫の家族のサポートもあり、一人で子育てしている感じは全くしませんでした。出産後はインターネットで情報を得ることは減りました。自己流ですが、工夫して自分のペースで子育てをするようにしています。

ただ、3歳頃までは外出がとても大変で、おっくうでした。そのこともあり、当時は双子ママの会にあまり参加できませんでしたが、会で知り合った双子ママたちとの交流は今も続いています。

双子ママの力になりたい

今春、双子のいる家庭の切ないニュースを見た時に、私たちだからできることがあると感じました。これから双子の親になる方への支援をするために、ママ友たちと「nicоちゃんクラブ(仮称)」の立ち上げを計画中です。

双子育児は大変さもありますが、かわいさは二倍以上、何十倍です!双子ママ同士でつながり、情報交換をすることで、少しでも気持ちが楽になり「双子を産んでよかった」と思ってもらいたいです。

インタビューを終えて…

仕事をしながら双子の育児や趣味のカメラを楽しんでいる村田さん。

お子さんが小さいときは大変なこともあったかと思いますが、ご自分の経験を生かし、これから子育てされるママたちを応援しようと立ち上がっています。

 

 

次のページ「3.ママ、頑張りすぎないで」を読む→
←前のページ「1.妊娠期から子育て期まで切れ目なく応援」に戻る

(注意)このページは、広報かしわざきの特集を基に作成しました。広報かしわざき令和2(2020)年9月号(ナンバー1218)のPDF版でもご覧になれます。

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 元気発信課 情報発信係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2311/ファクス:0257-23-5112
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年09月04日