ホーム > 観光 > 遊ぶ・楽しむ・体験する > 登山 > 柏崎の山「刈羽三山(かりわさんざん)」の魅力 > 刈羽黒姫山(かりわくろひめやま)【標高891メートル】の魅力

ここから本文です。

更新日:2015年2月5日

刈羽黒姫山(かりわくろひめやま)【標高891メートル】の魅力

ハイキング登山が楽しめます

日本には、黒姫山(くろひめやま)という名前の山は三つあります。

それぞれを区別するために、頭に地名をつけ

  • 青海黒姫山(おうみくろひめやま)=西頸城
  • 信州黒姫山(しんしゅうくろひめやま)=長野県信濃町
  • 刈羽黒姫山(かりわくろひめやま)

と呼ばれています。

刈羽黒姫山山頂一帯にはブナ林が残され、機織の神(はたおりのかみ)を祭った鵜川神社(うかわじんじゃ)と石仏がひっそりとたたずんでいます。

柏崎から手軽なハイキング登山を楽しめる山として人気があります。

写真:夏、高柳町方向から撮影した刈羽黒姫山の山嶺
(別ウィンドウで開きます)(JPG:48KB)

刈羽黒姫山(夏)高柳町方向から

写真:冬、高柳町方向から撮影した刈羽黒姫山の山嶺
(別ウィンドウで開きます)(JPG:48KB)

刈羽黒姫山(冬)高柳町方向から

写真:登山道の途中のブナ林
(別ウィンドウで開きます)(JPG:14KB)

登山道途中には、ブナ林があります。新緑の時期には森林浴に最適で、登山の疲れを心地よく癒やしてくれます。

 

写真:鵜川神社の山開き・安全祈願祭の様子
(別ウィンドウで開きます)(JPG:57KB)

山頂にある鵜川神社での山開き・安全祈願祭の様子。毎年5月下旬の日曜日に開催されます。

写真:鵜川神社神殿内での安全祈願祭神事の模様
(別ウィンドウで開きます)(JPG:51KB)

鵜川神社神殿内での安全祈願祭神事

写真:山頂付近の石仏

山頂付近には石仏がひっそりとたたずんでいます。

写真:シラネアオイ
(別ウィンドウで開きます)(JPG:47KB)

刈羽黒姫山で見られる「シラネアオイ」の花。開花時期は5月から7月で、地元では「山ぼたん」とも呼ばれています。過去の乱獲で大変希少で、大切に保護していく必要があります。

 

各コースの所要時間と周辺写真

登山所要時間は普通の速さで歩いた場合のおおよその時間です。なお、休憩時間は含みません。

 磯之辺(いそのべ)コース

写真:磯之辺コース登山道入口周辺

磯之辺コース登山道入口周辺

写真:磯之辺コース登山道入口の公衆トイレ

登山道入口には公衆トイレもあります。※冬期間は閉鎖。

写真:磯之辺コース登山道入口周辺の林道沿いの駐車場

林道沿いの駐車場に普通車20台駐車可能。

 白倉(しらくら)コース

写真:白倉コース登山道入口周辺

白倉コース登山道入口周辺

写真:白倉コース登山道入口の自動車待避所

駐車場はありませんが、自動車待避所に普通車3台駐車可能です。

 

 別俣(べつまた)コース

写真:別俣コース登山道入口

別俣コース登山道入口

写真:別俣コース登山道の標識

登山道の入口は林道脇からスタートします。

写真:「広域基幹林道黒姫山線」の看板

登山道入口へは、別俣地区の大字水上(みずかみ)地内にある「広域基幹林道黒姫山線」を上条芋川(じょうじょういもがわ)渓谷沿いに進んでください。

写真:別俣農村工房いなかの食堂「きらら」

別俣農村工房いなかの食堂喜楽来(きらら)。廃校になった別俣小学校の木造校舎を別俣コミュニティ振興協議会が再利用して運営しています。隣接するマレットゴルフ場もぜひご利用ください。

写真:地元産食材を生かした山菜料理を食べる家族

いなかの食堂喜楽来では、地元産食材を生かした四季折々の手作り料理(山菜料理)を食べたり、笹団子作り・そば打ち体験も可能です。電話:090-6703-4001

 

 清水谷(しみずたに)コース

所要時間:2時間30分(林道終点からは2時間)

写真:はなたてあみはり林道終点附近

写真:きんぎょいけ

清水谷コース登山道入口【花立・網張(はなたてあみはり)林道終点、金魚池(きんぎょいけ)付近】

写真:清水谷コース登山道入口の標識

元来、麓の大字清水谷集落内に登山道の起点がありましたが、マイカー登山の普及とともにここが実質的な登山道入口として定着しました。現在はここから登山を開始する方がほとんどです。

写真:きんぎょいけ附近の駐車可能スペース

林道終点の金魚池附近には自動車が10台程度駐車可能な待避所が設けられています。大型車は駐車できません。

写真:「林道花立・網張線」の起点

大字清水谷から大字折居に向かう道路の途中に「林道花立・網張線」の起点があります。道幅が狭いところや未舗装の個所がありますので通行には注意してください。大型車の通行には適しません。

写真:谷川新田千本桜

林道途中にある風光明媚な「谷川新田千本桜(たにかわしんでんせんぼんざくら)」。春になると八重桜の名所となります。石碑や石仏なども多く建立されています。

写真:谷川新田に設置された公衆トイレ

谷川新田に設置された公衆トイレ(写真奥にある三角小屋)

 出坪(でつぼ)コース【出壺の水(でつぼのみず)コース】

写真:出壺の水コース分岐点附近

出坪(出壺の水)コース分岐点。清水谷コースの「林道花立・網張線」を登り、谷川新田千本桜を少し過ぎた地点にあります。出坪コースへの登山道は、写真奥の急な坂を下るので、ご注意ください。清水谷集落内から出坪(出つぼの水)を目指すルートもあります。

写真:たにかわつへい翁の功績をたたえる石碑

谷川新田は、谷川津兵衛(たにかわつへい)翁が私財を投げ打ち幾多の困難を乗り越えて開拓した風光絶佳(ふうこうぜっか)の地です。出壺の水は新田開拓の命となる水源の地です。その用水は今日も清水谷全域を潤しています。

写真:谷川新田から見た柏崎市街地方向

谷川新田から柏崎市街地方向を望む。

 折居(おりい)コース

写真:「黒姫山参道入口」の石碑

写真:折居コース登山道入口付近

折居コース登山道入口は字上向(うわむかい)の集落から折居川の渓谷沿いにある農道を進んだところにあります。目印となる「黒姫山参道入口」の石碑が立っていますので、左折し折居川の渡り橋を進んでください。登山道の後半には、鎖場(くさりば)の難所もありますので注意して登山してください。

写真:国道353号線はいにわバス停付近附近

国道353号線を拝庭(はいにわ)バス停で左折してください。

写真:中沢橋附を過ぎた二股道路附近

中沢橋を過ぎると二股に分かれるので右折してください。

写真:上向集落内の登山道への標識

上向集落の中を標識にそって進みます。集落内およびこの先の農道は細いため自動車は駐車できません。

写真:国の重要無形民俗文化財「綾子舞」

鵜川(うかわ)地区は、国の重要無形民俗文化財「綾子舞(あやこまい)」の伝承地です。写真は現地公開の模様。杉木立の奥に見える山が刈羽黒姫山です。

 

写真:綾子舞保存振興の拠点施設「綾子舞会館」

綾子舞保存振興の拠点施設「綾子舞会館」。営業時間9時30分~17時00分、水曜日閉館。電話:0257-29-3811

 

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業振興部商業観光課観光係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2334

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?