ホーム > 産業・ビジネス > 入札・契約 > プロポーザル > 終了したプロポーザル > 「平成30年度風の丘米山再整備可能性調査業務公募型プロポーザル」質問書に対する回答

ここから本文です。

更新日:2018年3月19日

「平成30年度風の丘米山再整備可能性調査業務公募型プロポーザル」質問書に対する回答

平成30年3月15日までにいただいた質問に関する回答は、以下のとおりです。

質問と回答

 

番号

ページ

項目

質問

回答

1

2ページ

I2(6)

I2(6)業務の内容について、アの事業主体がほぼ決定することで、その意向を受けてイ以降の調査を行うように伺えますが、そのような理解でよろしいでしょうか。

その場合、アにおいて、調整が出来なかった場合はどのように業務遂行したと判断されますでしょうか。

例えば(6)業務の内容について、アの事業主体組成で交渉が決裂する可能性もあると考えますが、プロセスとしての記録があれば、業務を遂行したと考えてよろしいでしょうか。

また、その場合、イ以降の業務は継続するのでしょうか。

取りやめるのでしょうか。

お見込みのとおり、Ⅰ2(6)のアで検討した事業主体の意向を受けてⅠ2(6)のイ以降の調査を行ってください。

業務の遂行についての考え方については、次の①および②または③のとおりとします。

① Ⅰ2(6)のイについては、Ⅰ2(6)のアで検討する事業主体の決定の有無にかかわらず、各コレクション館の指定管理者からヒヤリングを実施し、必ずコレクション館の活用策を報告書で提出すること。

② Ⅰ2(6)のアの運営事業主体の組成で交渉が決裂した場合

本委託業務が風の丘米山の再整備可能性調査であることを踏まえ、交渉のプロセスだけではなく、交渉内容の議事録などにより交渉の経緯、決裂した経過、理由などが分かる詳細な資料を報告書として提出すること。

③ Ⅰ2(6)のアへの参加意向が1者でもあった場合

Ⅰ2(6)のウ以降の業務を行った上で、風の丘米山の再整備の可能性の可否を判断できる資料を報告書として提出すること。
2 2ページ I2(6) I2(6)業務の内容について、アにおいて調査された事項と、イにおけるヒヤリング結果が調整できない場合も、番号1の質問と同様の考え方でよろしいでしょうか。 I2(6)業務の内容について、I2(6)のアにおいて調査された事項と、I2(6)のイにおけるヒヤリング結果が調整できない場合であっても、番号1の回答の①と③の資料を報告書として提出してください。
3 2ページ I2(6) I(6)業務の内容について、オのリース方式(PFI方式)とは、2(5)の前提条件を踏まえ、リース方式という理解でよろしいでしょうか。PFI方式を前提とされていますでしょうか。

PFI方式を前提としています。

ハード整備については、PFIの事業類型のうちBLT(建設Build・リースLease・移管Transfer)が好ましいと考えています。

各種調査検討の結果、その他の方式が最善と考えられる場合は、その方式を理由を付して報告書で提出してください。
4 2ページ I2(6) 事業運営については、どのような手法を想定していますでしょうか。 全体の事業運営については、各種調査の結果、最善と考えられる運営方式を報告書で提案してください。
5 7ページ Ⅲ2(3) 実施要項の「Ⅲ2(3)エ提出部数」において、「副本」と「写し」がそれぞれどのような体裁か教えてください。(副本は代表印がない正本、写しは正本の複写ということでしょうか。)

お見込みのとおりです。

なお、6ページのⅢ2(1)オおよびカについては、官公庁から交付された証明書の原本を正本に添付してください。副本や写しには、各証明書の複写(コピー)を添付することとします。証明書には偽造防止用紙などが使用されている場合がありますので、複写(コピー)したものは複写(コピー)したことがわかるような状態で添付してください。
6 9ページ Ⅳ2(1) Ⅳ2(1)作業スケジュールについて、調整事項が多く発生すると予想されることから、業務の進捗状況を見ながら工程の見直しを行うことは可能でしょうか。 可能です。ただし、平成30年10月19日の中間報告書の提出期限は厳守してください。
7 9ページ Ⅳ2(3) Ⅳ2(3)課題要件イウエオについては、関連事業者などとの調整状況などによって大きく変わる部分があると考えていますので、あくまで想定としての提案でよろしいでしょうか。 お見込みのとおりです。

 

質問およびその回答の一覧表

平成30年度風の丘米山再整備可能性調査業務公募型プロポーザルに係る質問および回答(別ウィンドウで開きます)(PDF:175KB)

 

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業振興部商業観光課観光係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2334

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?