未熟児のための医療費助成のことを教えてください

身体の発育が未熟なままで生まれ、指定されている医療機関で入院を必要とする乳児に対して、その治療に必要な医療費の一部を公費で負担します。なお、世帯の所得税額に応じて、自己負担金が生じます。

対象

生まれた時の体重が2,000グラム以下か2,000グラムを超えていても体の発育が未熟なまま生まれた乳児で、指定養育医療機関の医師が入院養育を必要と認めた方。

給付内容

生まれてから退院までの入院治療に掛かる保険診療と食事療養費の自己負担分が公費負担となります。(紙おむつ代や文書料は含みません)

詳しくは関連リンクの「未熟児養育医療給付制度のお知らせ」をご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

子ども未来部 子育て支援課 家庭支援係

〒945-0061
新潟県柏崎市栄町18番26号
電話:0257-20-4215/ファクス:0257-20-4201
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日