第1回柏崎スポーツ意見交換会が開催されました

2018年7月14日(土曜日)に、柏崎市市民プラザ波のホールで第1回柏崎スポーツ意見交換会が開催されました。

スポーツに関係する32団体が参加し、新潟大学人文社会・教育科学系准教授・博士(工学)村山敏夫様と新潟大学村山研究室の学生の皆さんの協力のもと、総勢47名が活発な意見交換会を行いました。

意見交換会の様子

【第1部】コーディネーター(村山敏夫様)からの助言

コーディネーターの村山敏夫様から、意見交換会に向けた「目標設定」に対する「具体的な方法」、「目標達成のためのルール」、「あらゆる場面の想定と解決法」、「実現可能性」に関する重要な点・考え方など、さまざまな助言をいただきました。

ホールで、マイクをもって立っている男性と、その男性を座ってみる複数の人達の写真

コーディネーター(村山敏夫様)からの助言の様子

椅子に座っている人たちと、マイクをもって立っている男性がおり、プロジェクトスクリーンが映し出されいる写真

プロジェクタースクリーンを使用しながら行われました

【第2部】意見交換会(グループワーク)

意見交換会は、1班4人または5人で、9つのグループに分かれて行いました。第1部の助言を踏まえ、各班で話し合いながら、内容をまとめ、順に発表を行いました。

屋内で大勢の人達がいくつかのグループになって座りながら話し合っている様子の写真

活発に意見を出し合う様子

複数の人達が椅子に座り話し合っており、机には大小の紙の資料が置かれている写真

話し合いの内容をまとめる様子

マイクをもって発表している様子の男性の背後には大きなスクリーンが映し出されている写真

発表の様子

屋内で大勢の人達が正面を向いている写真

意見交換会に参加された皆さん

意見交換会の内容

目標設定を「スポーツでまちづくり」として、1班から9班までの各グループごとに目標設定に対するテーマを定めて話し合いました。

1班

テーマ

参加型だけでなく、サポーターを増やし、スポーツに関するかかわりを広げる

意見内容

行う
  • 楽しむ人、チャンピオンシップ、健康維持、仲間づくり
  • スポーツ行事に参加することで関わりができ、同じ地区でも知らなかった人と出会うことができる
  • スポーツ行事等への参加者の固定化→スポーツは行うだけではない
支える
  • スポンサー、経費、競技役員
観る
  • 孫の姿
  • スポーツへの関わりは、行うことだけではない
応援しやすい施設
  • 新しいコミュニティをつくるためには、地域住民が関わる場となる施設の工夫が必要
  • 人口が減り、高齢者の方が増えていく中でのバリアフリーの重要性

2班

テーマ

スポーツリーダーがいるまち柏崎

意見内容

指導者の育成
  • 生涯スポーツ:コツコツ貯筋体操は健康維持・寿命向上につながる
  • 競技スポーツ:指導やレフリーのライセンス、子どもに教えることで競技力が向上

これらが、柏崎のスポーツ活性化につながる

  • 重要となるもの…企業協力、助成金、コーチ登録制度、PR活動、大会ボランティア、いろいろな競技の経験(問題点として子どものとり合いが挙げられる)
スポーツ活性化の取組み
  • スポーツによる外部との交流を図る
  • スポーツ大会を観戦する文化をつくるために各種大会のアナウンス
  • 子どもたちが夢を持つためにトッププレーヤーをみる(スポーツのまちとして注目される)
  • スポーツを通してコミュニケーションを図る

3班

テーマ

水球・ウオーキングを通じたまちづくり

意見内容

水球

柏崎独自の得意種目として水球を通したまちづくりに力を入れる

これについては、市民一体でサポートしている感じがあり、すでに軌道にのっている

  • 誰もが気軽に水球に関われるようにする
  • サポーターズクラブ以外のファンクラブの充実を図る
  • 幼児、小学生、もちろん一般の方にも、まずは水球の魅力を知ってもらうために、最大限のPR活動をする
ウオーキング

誰もが気軽に行うことができるウオーキングで市民全体の健康増進を図る

これについては、地区ごとに、ウオーキングコースを作成

  • 季節に応じたコースを作る(山菜コース、夕日コースなど)
  • ポイント制を取り入れる

4班

テーマ

楽しみながら健康づくりを行い、経済効果につなげる

意見内容

課題
  • 少子化
  • スポーツの多様性による選択肢の多さは、選手(子ども)のとりあい
  • 健康な人とそうでない人の二極化
  • 指導者不足
  • 施設整備
方策
  • ビッグイベントの開催の課題:指導者不足、施設整備
  • 合宿誘致の課題:施設整備
  • 生涯スポーツの推進…取り組みやすい生涯スポーツを推進する

例) 誰でも参加しやすいウオーキングで健康づくりを行い、健康な人とそうでない人の二極化を防ぐ

  • スポーツ交流を図る

例) 生涯スポーツ団体の交流会、各競技団体同士の交流会は、選手のとり合いの解消につながる

  • 柏崎版「観る」スポーツの確立

5班

テーマ

市民全員がスポーツに関わる

意見内容

観る
  • 市民スポーツ大会、スポーツイベントの観戦・応援
支える
  • スポーツイベントの運営協力
  • 定期的な体力測定により日々の運動の成果の確認・評価を行う

これらについては、行政が関わる+医療の連携

例) 健康診断の際に運動に関する具体的アドバイスを行う

行う
  • 町内会ごとの自主参加型
  • 集落のコミュニティセンターや自宅でも行えるスポーツ活動

例) ラジオ体操、通勤・通学、運動教室

  • 市民イベントへの参加

これらについては、行うだけでなく、スポーツ仲間の応援や定期的な運動測定に参加することで、さまざまな方面からスポーツに関わることができる。

6班

テーマ

柏崎の魅力を活かし、スポーツでお金を持ってこられるまちづくり

意見内容

柏崎で盛んなスポーツ…水球、野球、マラソン

と言うのも、柏崎には海・山・施設など豊富にある

その結果、スポーツ資源を最大限生かし、スポーツで100億円稼ぐ!

  • 水球を中心にどれだけお金を回せるか

そのためには、水球をさらにPRする、特徴をつくる、強い選手を呼ぶ、水球をきっかけに他のスポーツを引き付ける

  • (水球など)地域での成功例を全市民に広げる
  • 活動への補助(人やお金など)の充実
  • 柏崎と東村山の交流のように、他の地域とも交流を増やす
  • 特色のあるスポーツイベントの強化(ウオーキングなど)
  • 体験の機会をつくる
  • 市民が参加しやすいスポーツを充実させる(ウオーキング、マラソン)
  • 地域で1つのことを頑張る

これらによって、市民のスポーツへの意識を向上させ、協力体制を作り上げる

7班

テーマ

海の柏崎でウオータースポーツ

意見内容

ウオータースポーツで市内外から2日間で来場者1,000人を目指す
達成方法
  • 有資格者を募る
  • SNSやホームページで広報
  • 「海といえば○○」を売りにする
ルール設定
  • 種目は5つ
  • 年齢問わず楽しめるスポーツ
想定と解決法
  • 海(ビーチ)の整備
  • 海が荒れたら延期をする
実現の可能性
  • 夜の楽しみとして花火大会とコラボ
  • 半年前から準備を進めていく

8班

テーマ

成人のスポーツ人口倍増プラン

意見内容

企業へのアプローチ
  • 施設使用料の減額
  • 企業と連携した運動啓発運動
  • スポーツに前向きに取り組んでいる企業を優良スポーツ企業に認定する

実現性:中

体験
  • 市民運動の日を設定する(毎回異なった種目で開催)
  • スポーツ体験フェスティバルの設定
  • 日付を設定し、○月○日に異なる会場でいろいろなスポーツイベントを同時開催する
  • 市民一斉体力測定

実現性:上

情報の集約と発信
  • スポーツ団体一覧表の配布(活動場所、時間、内容、連絡先などを記載)
  • 市民で行っているスポーツ運動を拾い出す
  • システム開発についてはWebで検索

実現性:中の上

ハードの整備

例) ランニングコースなど

実現性:下

運動への動機付け・メリット
  • 体験をすることでスポーツ人口を増やす

例) スポーツ体験コースを作り、体験ラリーを行う。スタンプラリー形式で体験していき、全コース体験したら商品券配布など

実現性:上

9班

テーマ

運動に縁がない人でもより多くの市民が参加できるようなスポーツの取組み

意見内容

柏崎のスポーツ…水球、ハンドボール、ビーチサッカー、ライフセービング、サーフィン、マラソン

市民全体の意識を変える
  • 競技スポーツはもちろんのこと、生涯スポーツにも力を入れる
  • トップアスリートを育てて人を集めることも1つの方法だが、子どもから高齢者までできるような市民全体で行うスポーツを広めていく
  • スポーツを行うきっかけを作る

例) 教室・イベントの開催、抵抗の少ないマラソンなどのスポーツレクリエーション

(注意)柏崎では水球や水泳などが盛んだが、水着に抵抗がある人がいるので参加しやすいウオーキング・マラソンなどから行っていく。

  • スポーツという言葉にこだわらず、一見するとくだらないような気軽に楽しめるものから行う

と言うのも、面白さがないと人は集まらない

  • 子どもにかえるような新しい発想で大々的なイベントを開催する

例) 商店街全体を使用した鬼ごっこ大会、柏崎・夢の森公園全体でかくれんぼなど

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 スポーツ振興課

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館2階
電話:0257-20-7010/ファクス:0257-23-0881
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日