柏崎地場特産品「土垂(どだれ)」

土垂(どだれ) ―小粒なサイズで濃厚な味わいが楽しめる里いも

細長いかたちのどだれの写真

南鯖石地域の西之入地区が元となる里いもの在来種です。

現在、南鯖石地域で栽培されており、形が細長く、粘りが強く、味が濃いことから、郷土料理「おいな汁」の材料として重宝されています。

煮くずれしにくいうえ、柔らかな口あたりが人気のひけつです。

学校給食にも利用されています。

土垂は柏崎全域で栽培に力を入れている「柏崎地場特産品」に認定されています。

収穫時期

10月~11月  

食べ方

おいな汁

具だくさんのおいな汁の写真

土垂を使った具だくさんの芋汁のことで、南鯖石地域の郷土料理です。

おいな汁の名前の由来・レシピ詳細は、「おいな汁・土垂ごろごろ、ねばりとろとろ煮」をご覧ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農政課 農業振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2295/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日