柏崎地場特産品「マコモタケ」

マコモタケ ―タケノコのような食感と甘みが楽しめます

出荷用に長さ22~23センチに切り揃えられたマコモタケが3本並んでいますの写真

イネ科の品種です。

食感がタケノコに似ていることが特徴で、アクやクセのない甘い味わいが人気のひけつです。

地域特産物として、矢田地区を中心に栽培の増加を進めています。

独特の食感から消費が伸びており、現在、新しいレシピやアレンジ方法を考案中です。

マコモタケは柏崎全域で栽培に力を入れている「柏崎地場特産品」に認定されています。

収穫時期

9月~11月

マコモタケの栽培から出荷まで

マコモタケは、中国から導入されたイネ科の多年草マコモ(ヒロハマコモ)の茎が肥大化したもので、「タケノコ」でも「キノコ」でもありません。

 

マコモタケの田植え

マコモタケを田んぼに植え付けている小学生の様子写真

イネ科なので、ほぼ米作りと同じ栽培方法です。春先田んぼに水をはり、田植えをします。

夏を過ぎると、あらかじめ規制された「黒穂菌」の作用で茎の根本が肥大してきます。

マコモタケの収穫

マコモタケを収穫している小学生の様子の写真

収穫前にはみずを抜き、稲刈りの時期とほぼ同じ時期の10月に収穫します。

マコモタケの出荷

出荷するためにマコモタケを切り揃えている様子の写真

肥大した茎の外皮をむいた白い部分を、出荷用に長さ22~23センチ、直径3~5センチ、重さ100~150グラムに切りそろえ出荷されます。

食べ方

マコモタケを使ったレシピを2つ紹介します。ぜひお試しください。

マコモタケの中華風炒め

レシピ詳細は、秋のレシピ「マコモタケの中華風炒め」をご覧ください。

写真:具だくさんのマコモタケの中華風炒めの写真

マコモタケのきんぴら

レシピ詳細は、秋のレシピ「マコモタケのきんぴら」をご覧ください。

写真:にんじんが入って彩がきれいなマコモタケのきんぴら

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農政課 農業振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2295/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日