柏崎地場特産品「えだまめ」

えだまめ ―多様な品種が生産される、新潟県産ブランド

枝のついたえだまめ、根もついている写真

7月に出荷される極早生品種から、8月の新潟茶豆、10月の晩生品種まで、豊富な種類が生産されています。

転作田を中心に柏崎市内全域で栽培されていますが、近年では食味の良さが評価され、農業法人による大面積での栽培も行われています。

えだまめは柏崎全域で栽培に力を入れている「柏崎地場特産品」に認定されています。

収穫時期

7月~10月(種類によって異なる)

食べ方

ゆでてビールのおつまみにして食べてもおいしいですが、えだまめご飯にしてもおいしいです。 ぜひお試しください。

えだまめご飯

緑色の枝豆がきれいな、えだまめご飯の写真

炊き立てのご飯にえだまめの香りがうつり、食欲をそそります。

レシピ詳細は、夏のレシピ「えだまめご飯」をご覧ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農政課 農業振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2295/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日