柏崎地場特産品「ぜんまい」

ぜんまい ―山の幸の代表、雪国の春の産物

先端が丸まっているぜんまいの写真

1970年頃から団地栽培が進み、形の揃った山菜が生産されてきました。

現在は、高柳町などの山間部で遊休閑地を活用した、人工栽培にも取り組んでいます。

雪国の春の産物として知られています。

ぜんまいは「柏崎地場特産品」に認定されています。

栽培されたぜんまい

栽培されているぜんまいの写真

写真は、栽培されたぜんまいの5月ごろの様子。

雌(平らな方)が柔らかく食すのに適しています。

雄(丸い方)は固い。

野生のぜんまい

自生するぜんまいの写真

雄(丸い方)は採ってしまうと、翌年自生しないので採らないようにしましょう。

収穫時期

4月~6月

食べ方

乾燥させたぜんまいを水で戻して食べるのが一般的です。

 

乾燥ぜんまいの作り方

むしろの上に広げたぜんまいを両手でもみほぐしている様子の写真
  1. 若芽のうちに摘んできたぜんまいをゆでます。
  2. むしろなどの上に広げて、時々丹念にもみほぐしながら干し、天日で乾燥させます。
  3. 2~3日、日中に乾燥するまでこれを繰り返します。

乾燥ぜんまいの戻し方

  1. 鍋に洗ったぜんまいとたっぷりの水を加えて火にかけ、沸騰直前に火を止めそのまま冷めるまで置きます。
  2. 水を替えて、これを2~3回繰り返します。

ぜんまい煮レシピ

にんじん、こんにゃくなどが入ったぜんまい煮の写真

乾燥ぜんまいを戻して、ぜんまい煮に調理して食べてみませんか。

レシピ詳細は、冬のレシピ「ぜんまい煮」をご覧ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農政課 農業振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2295/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日