柏崎地場特産品「宝交早生(ほうこうわせ)」

宝交早生 ―ジューシーな味わいの「朝どりイチゴ」

赤く丸みのある宝交早生の写真

西中通地域の下大新田地区などを中心に、昔から作付けされていた品種です。

果実は鮮やかな紅色で、柔らかな口当たり・ジューシーな甘さと酸味のバランスがよいのが特徴です。

日持ち、輸送性に劣るため、収穫後なるべく早めに食べていただくことをオススメします。

宝交早生は「柏崎地場特産品」に認定されています。

収穫時期

5月~6月

食べ方

果肉はジューシーで甘さがあり、また、酸味のバランスもよくジャムなどに向きます。 イチゴ大福にするのもおすすめです。ぜひお試しください。

イチゴ大福

赤いイチゴが入ったイチゴ大福の写真

レシピ詳細は、春のレシピ「イチゴ大福」をご覧ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農政課 農業振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2295/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日