柏崎地場特産品「ゆうごう(夕顔)」

ゆうごう(夕顔) ―どこか郷愁が漂う、さっぱり味と透明感

葉の上にのった大きな夕顔の写真

新潟県に伝わる独特の野菜で、郷土食としても有名です。

味は、冬瓜に近く、夕顔の実を干したものが「かんぴょう」になります。

源氏物語に登場するほど、古くから伝わる野菜で、柏崎市では「ゆうごう」となまって呼ばれています。

ゆうごう(夕顔)は柏崎全域で栽培に力を入れている「柏崎地場特産品」に認定されています。

収穫時期

7月~8月

食べ方

ゆうごう(夕顔)を使ったレシピを2つ紹介します。ぜひお試しください。

夕顔のくじら汁

なすとじゃがいもが入ったゆうごう(夕顔)のくじら汁の写真

夏のスタミナ源として、昔はどこの家でも作られた「夕顔のくじら汁」。夏になると食べたくなる一品です。

レシピ詳細は、夏のレシピ「夕顔のくじら汁」をご覧ください。

夕顔のあんかけ

あんかけでとろみがあるゆうごう(夕顔)のあんかけの写真

あっさり味で食が進む一品です。

レシピ詳細は、夏のレシピ「夕顔のあんかけ」をご覧ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農政課 農業振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2295/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日