市内に温泉はありますか?

じょんのび温泉、大崎温泉、柏崎潮風温泉、広田鉱泉などがあります。

じょんのび温泉 楽寿の湯―心ゆったり、じょんのび、じょんのび

高柳町「じょんのび村」にある温泉施設。湯質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)で、神経痛、関節痛、うちみ、慢性消化器系、冷え性、慢性婦人症などに効用があります。男女とも露天風呂があるほか、となりの宿泊施設「萬歳楽」ではお食事や休憩もでき、「じょんのび」くつろげます。もちろん日帰り入浴もできます。

大崎温泉 雪割草の湯―潮の香りと花の温泉

西山町大崎、日本海に臨む絶好の地にある日帰り温泉施設です。泉質は、鉄分を含んだ食塩泉。淡黄色のさらさらしたお湯で、神経痛や筋肉痛のほか、皮膚病にも効能があり、「よく温まる湯だ」「肌スベスベ」と評判です。浴場からは、日本海を眺望でき、美しい夕日を見ながらゆったりと入浴できます。また、大崎は新潟県の草花「雪割草」が群生する地として有名です。

柏崎潮風温泉ソルト・スパ潮風―美しい夕日と多彩なスパメニューが楽しめる

柏崎市街地、日本海と佐渡ヶ島を望むビーチサイドにある日帰り温泉施設。塩サウナや箱むしなど11のスパメニューがあり、多彩に温泉のバリエーションを楽しめます。泉質はナトリウム塩化物泉で、神経痛、筋肉痛、冷え性などに効能があります。また、「ご縁会プラン」でゆったり宴会を楽しむこともできます。

広田鉱泉―旅人の疲れを癒す山間の薬湯

JR信越線越後広田駅から山間に入ると広田鉱泉があります。発祥は、天保の末頃といわれ、古くから小千谷街道沿いの温泉宿として多くの旅人の疲れを癒してきました。また、新潟県屈指の薬湯としても知られています。泉質はナトリウム塩化物泉で、胃腸病、神経痛、リウマチ、婦人病に効用があります。

詳しくは、市ホームページ「柏崎の温泉・日帰り入浴施設」(関連リンク)でご案内しています。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商業観光課 観光振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2334/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日