古着を回収しています

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で休止していた古着回収を、再開しました。

なお、回収できる量には限りがあります。一度に大量に持ち込まないよう、ご協力をお願いします。

回収できる古着

家庭から出る衣類で、これからも着用できるもの、洗濯済みのもの

(注意)未使用のものでも、必ず洗濯してから出してください。

回収できない古着

  • 洗濯していないもの
  • 洗濯しても汚れやにおいがとれないもの
  • ぬれているもの
  • ボタンが取れていたり、ファスナーが壊れていたりして、そのままで着用できないもの
  • 下着類
  • ペット用に使用されたもの
  • ネクタイ・靴下・マフラー・帽子・布団・座布団・カーペットなど、衣類以外の布製品
  • ゴム・ビニールなど、布以外でできているもの
  • 制服・学校指定の体操着・ユニホーム
  • 水着・スキーウェア・スノボウェア

回収場所・受入時間

古着の回収場所と受入時間

回収場所

受入時間(年末年始を除く)

資源物リサイクルセンター

水曜日・土曜日・日曜日:午前9時~午後6時

西本町資源物リサイクルセンター

水曜日:午前9時~午後1時
土曜日・日曜日:午前9時~午後6時

高柳町事務所

水曜日:午前8時30分~午後4時30分

西山町事務所

水曜日:午前8時30分~午後4時30分

回収方法

古着を透明の袋に入れ、袋の口をしばってから、回収容器に入れてください。

紙袋や、エコバックなどで持ち込んだ場合は、古着だけを入れ、袋などはお持ち帰りください。

(注意)透明でない袋は、回収容器に入れないでください。

資源物リサイクルセンターの回収容器

資源物リサイクルセンターの回収容器

古着のリユース・リサイクル情報

古着等をリユースすることで社会貢献ができる取り組みを紹介します。

受け入れ品目や条件、回収方法などは、各団体のホームページをご覧ください。なお、回収には送料などが発生する場合があります。

ふくのわプロジェクト(運営企業:株式会社産業経済新聞社)

回収した衣類を売却し、その収益金でパラスポーツ(障がい者スポーツ)を応援しようという取り組みです。

「ふくのわプロジェクト」ではさまざまな方法で古着を回収しています。柏崎市内には回収ボックスがないため、宅配キット(有料)をご利用ください。

古着deワクチン(運営企業:日本リユースシステム株式会社)

「古着deワクチン」を注文するだけで開発途上国の子どもたちにワクチンが届けられ、開発途上国での古着の選別・販売による雇用も促進されます。

有料の専用回収キットを購入し、最大25キログラムの古着やバッグなどを送ることができます。回収キットの申し込みはインターネットで受け付けています。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境課 資源循環係

〒945-0011
新潟県柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)
電話:0257-23-5170/ファクス:0257-24-4196
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年08月03日