新型コロナウイルスを口実にした消費者トラブルにご注意ください

新型コロナウイルス感染症の流行拡大に関連した相談が全国の消費生活センター等に寄せられています。

以下のような悪質な事例に十分ご注意ください。

相談事例

事例1 金を買う権利の勧誘

突然自宅を訪問した業者から「新型コロナウイルス流行拡大の影響で、金の相場が上がる」など、金を買う権利を申し込むように言われた。

事例2 市役所職員を名乗る不審な電話

市役所の職員を名乗る男から「新型コロナウイルスが流行しているので気を付けてください」という電話が非通知でかかってきた。

事例3 「行政からの委託で消毒に行きます」という電話

「新型コロナウイルスの感染防止のため、行政からの委託で消毒に回っています」と事業者から自宅に電話がかかってきた。

事例4 マスクに関する不審な広告メール

産業資材を扱うメーカーが送信者(差出人)で、マスクの画像と共に「汚染された空気の侵入対策します」等と記載され、「購入はこちら」とURLが付いたメールがスマートフォンに届いた。

アドバイス

  1. 悪質な勧誘を行う業者には耳を貸さないようにしましょう
  2. 内容が怪しい不審な電話はすぐに切りましょう
  3. 心当たりのない送信元から怪しいメールやSMS が届いても、連絡せずに無視しましょう
  4. 不審に思った場合や、トラブルにあった場合は、消費生活センター等に相談しましょう

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民活動支援課 生活安全係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2272/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年07月16日