【庭園×茶道】市内で一番有名なスポット

このページは、広報かしわざき2021年5月号の特集を基に作成しました。

←前のページ「【庭園×散策】まるで京都!? 山間のまちの一角に、あっと驚く異空間」を読む

次のページ「【庭園×歴史】昭和天皇が滞在した上質なお屋敷」を読む→

松雲山荘

かつてニュース番組で紅葉の美しさが「日本一」と紹介されたことがきっかけで、全国的な観光名所となりました。

松雲山荘の園内。石灯篭や石橋、赤色の橋があります
赤や黄色に色づいた葉がライトアップされている園内

松雲山荘の不思議 ―日本式庭園なのに○○が!?

ライオンとカメの庭石

探してみよう、飯塚さんの遊び心

園内には、ライオン・クマ・カメ・カエルなどの形をした庭石や洋風の花が見られます。

これは、庭園の所有者だった故・飯塚謙三さんが、アメリカに渡った経験を踏まえ、向こうで学んだ文化を取り入れたものです。

旅行気分をさらにアップ ―観光ボランティアガイド

オレンジ色のベストを着たガイドの女性が、小学生に説明しているところ

庭園の成り立ちや個性豊かな灯籠などをガイドがご案内します。

  • 要事前予約(1週間前まで)
  • 最少人数:2人
  • 所要時間:約30分

問い合わせ先

一般社団法人 柏崎観光協会

  • 電話番号:0257-22-3163
  • ファクス:0257-23-3355

施設詳細

松雲山荘

  • 住所:柏崎市緑町3
  • 電話番号:0257-21-2334(商業観光課)
  • 営業期間:4月1日~11月30日の午前9時~午後5時

歩いて散策 周辺のおススメスポット

日本で唯一!国宝級の茶器で茶席体験ができる美術館 ―木村茶道美術館

国宝級の茶器でお茶が飲める

本来はガラス越しに見ることしかできない国宝級の茶器に触れて、お茶をいただくことができます。

茶道を身近に感じて

お茶をたてる着物姿の女性

茶道の作法が分からなくても大丈夫。
来られた方の気持ちや理解に合わせて説明します。

木村茶道美術館 館長からの一言

お茶のみ茶碗を前に話をする眼鏡姿の男性

木村茶道美術館 館長 石黒信行さん

松雲山荘は、新緑の時期もおススメです。

緑が変化していくので、来るたびに違う美しさが見られますよ。

木村茶道美術館の座敷から見た松雲山荘

問い合わせ先

公益財団法人 木村茶道美術館

  • 住所:柏崎市緑町3-1(松雲山荘内)
  • 電話番号:0257-23-8061
  • 茶席:1,100円(小学生~高校生800円)
  • 休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
木村茶道美術館や松雲山荘、市立博物館などの周辺地図

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 元気発信課 情報発信係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2311/ファクス:0257-23-5112
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年05月06日