新潟産業大学初のオリンピアン誕生!新潟産業大学関係者が報告のため市役所を訪問(令和3(2021)年6月1日報道発表)

東京2020オリンピックの水球日本代表が決定し、新潟産業大学の在学生・卒業生から初めてのオリンピアンが誕生しました。

ついては、新潟産業大学関係者が次のとおり市役所を訪問し、同大学関係者3名の出場を市長に報告します。

男子代表の稲場悠介選手(経済経営学科3年)は、現在、県内の学生で唯一オリンピックへの出場が決定しています。

棚村克行選手(水球部コーチ)は、リオデジャネイロオリンピックに続き、2回目のオリンピック出場となります。

女子代表の小出未来選手(平成27(2015)年・文化経済学科卒)は、水球日本女子の記念すべきオリンピック初出場の代表となります。

日時

令和3(2021)年6月2日(水曜日)午後1時~1時30分

会場

市役所3階 応接室1

出席者

新潟産業大学

  • 星野 三喜夫 学長
  • 梅比良 眞史 理事長
  • 水球部顧問 佐々木 洋輔 監督

柏崎市

  • 市長 櫻井 雅浩

その他

選手は合宿中のため、訪問しません。

情報発信元

柏崎市教育委員会水球のまち推進室(電話番号:0257-41-4020)

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 元気発信課 情報発信係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2311/ファクス:0257-23-5112
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年06月02日