「柏崎市第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました

全国的な人口減少・少子高齢化は依然として深刻な状況であり、本市においても、年間約1,000人の人口が減少しています。

本市の活力や都市機能等を維持し続けるために、平成27(2015)年度に策定した「柏崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略(以下「第1期総合戦略」という)」(計画期間 平成27(2015)年度~令和元(2019)年度)により行ってきた取組の振り返りと、これからも引き続き人口減少対策に取り組んでいくために「柏崎市第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

計画期間

令和2(2020)年度~令和6(2024)年度の5年間

総合戦略の目標と重点プロジェクト

最重点目標

若者と女性が誇りと愛着を持って暮らす

基本目標

地域産業の振興を図り雇用の場をつくる

主要施策
  • 地域産業の稼ぐ力の拡大
  • 新たな産業の創出
  • 若者と女性の雇用促進
  • 創業・起業の推進

子どもを産み育てやすいまちをつくる

主要施策
  • 妊娠・出産・子育ての支援
  • 出産や子育ての経済的負担の軽減
  • ワーク・ライフ・バランスの促進
  • 若者の交流・結婚活動に対する支援

定住を促す魅力あるまちをつくる

主要施策
  • U・Iターン施策の推進
  • 新卒者の定着に対する支援
  • シティセールスの推進
  • 地域コミュニティの維持・活性化

地域の活力を担う人材をつくる

主要施策
  • 愛着や誇りを持てる教育の推進
  • 地域人材の育成
  • 地域産業を支える人材育成
  • 学生の確保・若者リーダーの育成

重点プロジェクト

人口減少抑制の直接的な効果に結びつく施策を、重点プロジェクトとして設定し、総合戦略の推進を図ります。

1.転入増加・転出抑制プロジェクト

重点を置く主要施策
  • 若者と女性の雇用促進
  • U・Iターン施策の推進

2.子育て支援プロジェクト

重点を置く主要施策
  • 妊娠・出産・子育ての支援
  • 出産や子育ての経済的負担の軽減
  • ワーク・ライフ・バランスの促進

3.産業活性化プロジェクト

重点を置く主要施策
  • 地域産業の稼ぐ力の拡大
  • 新たな産業の創出

関係資料

第1期総合戦略の総括、人口の動向分析、将来人口の推計と人口展望や基本目標別の総合戦略の内容など、詳しい計画の内容はこちらを御覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総合企画部 企画政策課 企画係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2321/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年03月10日