水球の国際大会の日本代表メンバーに水球のまち柏崎から4選手が選ばれました!

更新日:2022年06月09日

令和4(2022)年に開催される水球の国際大会に、水球のまち柏崎から4人が日本代表として出場します。

水球日本代表チームの応援をよろしくお願いします!

第19回世界選手権大会水泳競技大会

  • 開催日程:令和4(2022)年6月20日(月曜日)~7月3日(日曜日)
  • 開催地:ハンガリー・ブダペスト
写真:棚村選手の写真です。身体の前で腕を組んでいます

棚村 克行選手(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)

写真:稲場選手の写真です。身体の前で腕を組んでいます

稲場 悠介選手(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎・新潟産業大学)

国際大会出場に伴い激励金を贈呈しました

第19回世界選手権大会水泳競技大会に出場する、棚村克行選手と稲場悠介選手に、激励金が贈呈されました。

激励金は、海外で合宿中の2選手に代わり、一般社団法人ウォーターポロクラブ柏崎の松原眞之介理事長と社会人男子チーム統括兼コーチの筈井翔太コーチに、教育長から手渡されました。

大会に日本代表コーチとして帯同する筈井コーチは、「リオデジャネイロオリンピックは32年ぶりに出場、東京オリンピックは自国開催で出場できた。2年後にはパリオリンピックが開催されるので、続けて出場することが大事。次につながる実りある大会にしたい。」と意気込みを語りました。

教育長は「棚村選手と稲場選手には頑張っていただきたい。応援している。」と激励の言葉を述べました。また、「以前より若手選手が育ってきていると感じている。これもブルボンKZが選手の育成や発掘に注力され、裾野を広げている成果だと思う。小学校での水球授業も長く続けていただき、感謝している。子どもたちは理論よりも、驚きや感動に影響を受ける。棚村選手と稲場選手の活躍で、感動を届けてほしい。」と期待を込めました。

水球男子日本代表チームは、スペインとギリシャで事前合宿を行ったのち、6月19日(月曜日)に開催国のハンガリーに移動し、20日(火曜日)から始まる大会に臨みます。

写真:激励金贈呈時の記念写真

左から教育長、筈井コーチ、松原理事長

写真:教育長から松原理事長に激励金が手渡されています
写真:教育長から筈井コーチにに激励金が手渡されています

2021FISUユニバーシティゲームス【再延期】

令和5(2023)年に再延期となりました。 

  • 開催日程:令和4(2022)6月25日(土曜日)~7月11日(月曜日)
  • 開催地:中国・成都

(注意)本大会は、令和3(2021)年に開催が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症に伴う渡航制限で1年延期となったものです。 

写真:新田選手の写真です。身体の前で腕を組んでいます

新田 一景選手(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)

第19回アジア競技大会【延期】

令和5(2023)年に延期となりました。 

  • 開催日程:令和4(2022)年9月
  • 開催地:中国・杭州
写真:棚村選手の写真です。身体の前で腕を組んでいます

棚村 克行選手(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)

写真:稲場選手の写真です。身体の前で腕を組んでいます

稲場 悠介選手(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎・新潟産業大学)

写真:小出選手の写真です。身体の前で腕を組んでいます

小出 未来選手(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 水球のまち推進室

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館2階
電話:0257-41-4020/ファクス:0257-23-0881
お問い合わせフォームはこちら