ホーム > 防災・防犯・消防 > 消防 > 消防からのお知らせ > 平成30年秋の火災予防運動を実施します【終了しました】

ここから本文です。

更新日:2018年11月16日

平成30年秋の火災予防運動を実施します【終了しました】

平成30年11月9日(金曜日)~11月15日(木曜日)に、全国一斉秋の火災予防運動を実施します。

標語

全国統一標語

「忘れてない? サイフにスマホに火の確認」

柏崎市消防本部防火標語

「ちょっとだけ」 火から離れる 気の緩み(北鯖石小学校:元井咲菜さん作品)

平成30年秋の火災予防運動防火キャンペーン

秋の火災予防運動にあわせて、平成30年11月10日(土曜日)に、「防火及び住宅用火災警報器の設置促進・維持管理啓発キャンペーン」を開催します。

  • とき:平成30年11月10日(土曜日)午前10時~正午
  • ところ:コメリパワー柏崎店、クスリのコダマ柏崎ショッピングセンターパルス店、原信柏崎東店の交通駐車場
  • 内容:柏崎女性防火クラブ員の協力により来店者に火災予防の啓発と住宅用火災警報器の設置促進、適切な維持管理のPR活動を行う

※詳しくは「平成30年度秋の火災予防運動防火キャンペーン」をご覧ください。

※キャンペーン内容は、災害などにより変更になる場合があります。

写真:はしご車のはしごを伸ばしたところに「火災予防運動実施中」の垂れ幕がかかっています

写真:過去の防火キャンペーンの様子。集合している写真です。

秋の火災予防運動とは

この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図ることにより、火災の発生を防止し、高齢者などを中心とする死者の発生を減少させ、財産の損失を防ぐことを目的としています。

この時季から暖房器具を使用する機会が多くなり、火災が発生しやすくなります。火気の取り扱いには十分注意しましょう。

住宅火災による犠牲者の多くは、「逃げ遅れ」によるものです。住宅用火災警報器を取り付けていたことで、火災を早期に発見し大事に至らなかったことが、管内でも報告されています。

取り付けた住宅用火災警報器も、いざというときに正常に機能しなければ意味がありません。日頃の清掃、作動テストや電池切れの確認など、維持管理に努めましょう。

重点目標

消防署では次の重点目標を掲げ、火災予防運動に取り組みます。

  • 住宅防火対策の推進
  • 乾燥時および強風時火災発生防止対策の推進
  • 放火火災防止対策の推進
  • 特定防火対象物などにおける防火安全対策の徹底
  • 製品火災の発生防止に向けた取組の推進
  • 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導の徹底

平成30年秋の火災予防運動実施要綱(別ウィンドウで開きます)(PDF:317KB)

住宅防火 ―いのちを守る7つのポイント

3つの習慣

  1. 寝たばこは、絶対やめる
  2. ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する
  3. ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す

4つの対策

  1. 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する
  2. 寝具、衣類およびカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する
  3. 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する
  4. お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる

 

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防本部予防課予防指導係

新潟県柏崎市三和町8番51号

電話番号:0257-24-1382

ファクス:0257-22-1409

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?