ソフィアセンターは、柏崎高等学校図書館と連携しています

更新日:2020年09月02日

ソフィアセンター(柏崎市立図書館)は、新潟県立柏崎高等学校の学校図書館と連携し、課題研究や読書をする際に、ソフィアセンターの蔵書を活用してもらう取り組みを始めました。

高校生は学習・読書室の利用が多く、蔵書の活用は小中学生と比べると非常に少ない状況です。また、レファレンスサービス(調べ物相談)の利用はほとんどありません。

柏崎高等学校との連携をきっかけとして、市内の他の高校生の利用促進とレファレンスサービスの活用を働きかけていきます。

なお、レファレンスサービスとは、学習・研究・調査を目的とする図書館の利用者に、図書館員が必要な資料や情報などを提供・紹介し、支援することです。ソフィアセンターでは、年間1,300件を超える相談を受けています。

連携の概要

課題解決支援

柏崎高等学校の生徒が取り組む柏崎サイエンスプロジェクト(KSP)の課題研究テーマを学校図書館とソフィアセンターで共有し、ソフィアセンターの蔵書とレファレンスサービスを用いて生徒へ課題解決を支援します。

柏崎サイエンスプロジェクト(KSP)とは

柏崎高等学校は、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の研究開発テーマに「柏崎の地域資源を活用し、サイエンスリテラシーと科学的探究力を有し、将来の科学イノベーションを担う人材の育成」を設定し、全学年が探究活動に取り組んでいます。

KSPはこの取り組みの一つで、1~2学年がグループでテーマを決め、研究に取り組んでいます。

柏崎高等学校は文部科学省から、平成30(2018)年度から5年間のSSH指定(3期目)を受けています。

課題図書の簡単予約

柏崎高等学校1年生の課題図書300冊のうち、ソフィアセンターが所蔵する図書約200冊のリストを、柏崎市立図書館ホームページに掲載し、簡単に検索や利用状況の確認・予約ができるようになりました。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 図書館 サービス係

〒945-0065
新潟県柏崎市学校町2番47号
電話:0257-22-2928/ファクス:0257-21-2936
お問い合わせフォームはこちら