小竹コレクション絵はがき

更新日:2020年01月31日

小竹コレクションとは

小竹(おだけ)コレクション絵はがきは、小竹忠三郎(おだけちゅうざぶろう)が収集した絵はがきのコレクションです。

小竹忠三郎は、1866年、縮布問屋小竹家の四男として枇杷島村柳橋に生まれました。1894年に有志とともに柏崎宝栄株式会社を設立して石油界に入り、その後いくつかの石油関係会社の要職に就くなど、県内各地で活躍しました。

そのかたわら、絵はがきの収集には並々ならぬ情熱を傾け、30余年かけて集めた全国名所絵はがきは10万枚にものぼりました。その内容は、明治末期から大正期の町並み、風物、報道的なものなど、資料的価値の高いものです。

1978年、この絵はがきコレクションのうち、新潟県内のもの5,231枚がアルバム13冊に収められ、当館に寄贈されました。それらは「小竹コレクション」として当館で保管されるとともに、新たな分類やホームページでの公開を行い、当時を物語る写真資料として多くの方に利用されています。

小竹忠三郎の写った白黒の写真

小竹忠三郎

寄贈当時の小竹コレクションの白黒写真

小竹コレクション

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 図書館 資料係

〒945-0065
新潟県柏崎市学校町2番47号
電話:0257-22-2928/ファクス:0257-21-2936
お問い合わせフォームはこちら