柏崎市コミュニティ50周年記念事業

柏崎市コミュニティ推進協議会は、市内27地区のコミュニティ協議会で構成される組織です。

協議会では、各地区の地域づくりの中心的役割を担うコミセン職員が集まり、研修や広報活動を通じて各コミュニティの抱えている地域課題の解決に向け取り組んでいます。

令和4(2022)年度にコミュニティ制度誕生50周年を記念して行う各種事業を紹介します。

コミュニティ誕生から50年を迎えて

昭和47(1972)年に旧自治省(現総務省)のモデル・コミュニティ施策事業を導入し、市内で初めて中鯖石地区コミュニティ協議会が発足しました。これが、柏崎市のコミュニティ制度の始まりです。

以降、各地区で地区コミュニティ協議会が設立され、現在では市内全域で27地区のコミュニティ協議会が組織されています。

交流活動と生涯教育活動を通じて地域課題に取り組む本市のコミュニティ活動は、「柏崎方式」と呼ばれ、全国から注目を集めてきました。柏崎のコミュニティは、特色ある地域づくりを地域が自発的に進め、地域の活動拠点を担ってきています。その取り組みは、平成19(2007)年に発生した中越沖地震など、災害時にも大きな力を発揮しています。

令和4(2022)年は、柏崎市のコミュニティづくりが開始されてから50年を迎えます。「50年後の地域に伝えたいこと —これまで築き上げてきた絆・これからつなげたい絆」をテーマに、記念イベントや作品づくりを通して、これまでの歴史を振り返り、次世代へ継承する取り組みを行っていきます。

柏崎市コミュニティ50周年記念式典

50周年式典会場の様子

令和4(2022)年6月29日(水曜日)に、文化会館アルフォーレで柏崎市コミュニティ50周年記念式典が開催されました。

約350人が参加し、コミュニティ活動の様子や地域の魅力をPRする写真スライドショー、長年にわたりコミュニティ活動に携わった方からの応援メッセージの上映などを行いました。

式典の中で、50年の思いを次世代に継承するという柏崎市コミュニティ推進協議会の宣言を高らかに行いました。

柏崎市コミュニティ推進協議会会長挨拶
アトラクション会場全員で踊る「海の柏崎」
柏崎市コミュニティ推進協議会の宣言文

協議会だより50周年特大号

特大号表紙

柏崎市コミュニティ推進協議会では、市内27コミセンの活動など各地区を紹介する協議会だよりを毎年発行しています。

令和4(2022)年度は、50周年を記念した特大号を9月5日に発行しました。

コミセンで行う地域の特色を活かしたさまざまな活動を紹介しています。
特大号を読んで、少しでもコミセンを身近に感じてもらえれば幸いです。

なお、特大号は今年度版で作成した都合により、特集等が一部のご紹介となっておりますことをご了承ください。

50周年を記念した作品づくりに挑戦!

これまでのコミュニティ活動を振り返り、地域の魅力を未来へ繋げる記念作品づくりにチャレンジしています。

完成した作品は、11月下旬から市内各施設に掲示予定です。掲示スケジュールは決まり次第、このページでお知らせします。

ウィッシュツリー【各コミセンで実施中】

「これからの地域はこうなってほしい!」「こんな柏崎に住みたい!」など、これからの地域や柏崎への願いを込めたウィッシュツリーを作成します。

9月上旬から約2カ月間、コミセンに木を描いた紙と付箋を用意します。付箋に願いと名前(イニシャルなども可)を書き、描かれた木に花を咲かせるように付箋を貼ってください。

モザイクアート

市内27コミセンから集めた1,000枚以上の写真を組み合わせ、柏崎自慢の海の大花火をアート作品として作ります。

遠くから見ると作品全体が大きな花火に、近づいて見ると市民の笑顔やコミセン活動、地域の風景など、個性豊かな写真を見ることができます。

地域の魅力展示パネル

各地域の魅力を集めた展示パネルを作成します。

年表パネル

コミュニティ50年の歴史をパネルで作成します。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民活動支援課 コミュニティ係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2272/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年09月06日