柏崎の海水浴場の安全を守る ―ライフセーバーの活動を紹介

柏崎市では7月中旬~8月中旬の海水浴最盛期にライフセーバーを設置し、海水浴場の安全を確保しています。

細長い浮具をもって、海水浴場を歩いて監視する男性ライフセーバー
監視台のうえから見守る女性と男性のライフセーバー。目立つように赤や黄色の帽子やTシャツ、海水パンツを身に着けています

ライフセーバーとは

監視所から監視するライフセーバー。一人が注意事項を呼び掛ける放送を行い、もう一人が双眼鏡を使って海水浴場を監視しています

ライフセーバーは海やプールなど水辺の事故を防ぐために、監視や指導、救助などを行います。

公益財団法人日本ライフセービング協会では、講習を受講し、監視や救助など知識や技術を学び資格を取得したライフセーバーを「認定ライフセーバー」と呼んでいます。

柏崎の海水浴場では「認定ライフセーバー」が海の安全を守っています。

活動内容

  • 海水浴場内の監視(海上だけでなく、砂浜でも危険がないか監視しています)
  • 注意事項の放送、呼びかけ
  • 溺水者の救助、応急手当(救助にはレスキューボードや水上バイクを使用します)
  • 消防や警察などへの通報
監視台から海水浴客を見守る男性ライフセーバー
水上バイクを歩いて牽引する男性ライフセーバー
砂浜に立てかけられた黄色いレスキューボード。長さは約3メートルあります

柏崎での活躍

柏崎では、毎年50人~60人のライフセーバーが活動しています。県外から活動に来てくださる方も多く、関東・関西地方や遠くは沖縄県からの方もいます。

ライフセーバーの半数は学生ですが、本業の傍ら活動している方や、定年退職後に資格を取得した方など、性別年齢は多様です。

救助実績

ライフセーバーの迅速な対応で、多くの海水浴客の身体・命が守られています。

令和元(2019)年度の救助実績

  • 安全移送(海流により沖に流されている人を砂浜まで移送すること):12件
  • 軽溺救助(溺れている人の救助):8件
  • その他(持病や熱中症などの対応):2件
  • 切り傷などの軽傷:381件

ボート転覆の男性を救助したライフセーバーに、上越海上保安署が感謝状を贈呈

左から上越海上保安署長、桜井柏崎市長、高橋さん、柏崎ライフセービング協会長。高橋さんは贈られた感謝状を持っています

令和2(2020)年の監視活動中、柏崎市在住のライフセーバー高橋志穂さんが、海釣り用の手漕ぎボートから転落した男性を救助し、上越海上保安署から感謝状を贈呈されました。

高橋さんは一人で沖合200メートルの現場にレスキューボードで駆けつけ、男性を砂浜まで移送しました。

ライフセーバーを募集中

現在、柏崎で活躍しているライフセーバーの半数以上が、市外・県外の方です。令和2(2020)年度は新型コロナウイルスの影響で市外・県外のライフセーバーが柏崎に来ることができず、市内の限られた人数で監視活動を行いました。

柏崎ライフセービングクラブでは、ライフセーバーとして活動する人材を募集しています。

柏崎の海水浴場の安全を守る活動に関心のある方は、柏崎ライフセービングクラブへご連絡ください。

海水浴場を巡回する男性のライフセーバー。視線は海の方を向いています。
監視台に座っている男性のライフセーバー。夏の日差しが照り付けます

資格講習会

年に2回程度、土曜日などの休日を利用し、数日間の日程で行います。

50メートル40秒以内、400メートル9分以内、潜行20メートル以上、立ち泳ぎ5分以上の泳力が求められます。

海水浴シーズン1日のスケジュール

午前8時から午後5時まで監視、救助活動(午前のみ、午後のみの活動も可)

お問い合わせ

柏崎ライフセービングクラブ 

  • 住所:〒945-0067新潟県柏崎市西港町12-11マリンスポーツ連絡協議会内
  • 電話番号:090-1219-4533

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商業観光課 観光振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2334/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年09月09日