野鳥の鳥インフルエンザ対応レベルが2に引き下げられました

環境省は、3月13日の国内52例目の栃木県での陽性案件が4月18日に解除されたため、高病原性鳥インフルエンザに対する野鳥対応レベルを2に引き下げました(令和3(2021)年4月19日付け)。

鳥インフルエンザに感染しやすい猛禽類、ハクチョウなどの水鳥や多数の鳥が死んでいる場合は、死亡野鳥に触れずに、市町村役場や警察署にご連絡ください。

なお、鳥インフルエンザウイルスは、通常、人には感染しないと考えられています。
鳥の排せつ物等に触れた後は、手洗いやうがいをすれば、過度に心配する必要はありません。
冷静な行動をお願いします。

 

発生状況に応じた対応レベル

対応レベルによる区分表

発生状況

全国

発生地域
(発生地から半径10キロメートル以内を基本)

通常時 対応レベル1
国内単一箇所発生時 対応レベル2 野鳥監視重点区域に指定
国内複数個所発生時 対応レベル3 野鳥監視重点区域に指定
近隣国発生時など 対応レベル2または3 必要に応じ野鳥監視重点区域に指定

注意:表中の「発生」とは、ふん便から高病原性鳥インフルエンザウイルス検出を含みます(ふん便採取調査は新潟県環境企画課で対応)。

対応レベルによる実施内容

検査優先種とは

検査優先種は1~3に分類され、数字が若いほど鳥インフルエンザへの感染リスクが高いとされています。

ハクチョウやカモなど多くの野鳥がリスク種に指定されています。検査優先種は、次のPDFの4ページをご覧ください。

新潟県「野鳥における高病原性鳥インフルエンザ対応マニュアル」(PDFファイル:9.4MB)

死亡野鳥などの調査

野鳥等調査は、同一場所で数日間の合計羽数が、表の数以上の死亡・衰弱個体等が発見された場合に、ウイルス保有状況の調査を行います。

レベルごとの対応
対応レベル 鳥類生息状況等調査 ウイルス保有状況の調査
(死亡野鳥等の調査)
対応レベル1
  • 情報収集
  • 監視
  • 検査優先種1で1羽以上
  • 検査優先種2で3羽以上
  • 検査優先種3で5羽以上
  • その他の種で5羽以上
対応レベル2
  • 監視強化
  • 検査優先種1で1羽以上
  • 検査優先種2で2羽以上
  • 検査優先種3で5羽以上
  • その他の種で5羽以上
対応レベル3
  • 監視強化
  • 検査優先種1で1羽以上
  • 検査優先種2で1羽以上
  • 検査優先種3で3羽以上
  • その他の種で3羽以上
野鳥監視重点区域
  • 監視強化
  • 緊急調査
  • 発生地対応
  • 検査優先種1で1羽以上
  • 検査優先種2で1羽以上
  • 検査優先種3で3羽以上
  • その他の種で3羽以上

 

ふん便調査

10月から4月にかけて定期的にふん便を採取し、新潟県環境企画課で調査しています。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境課 環境政策係

〒945-0011
新潟県柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)
電話:0257-23-5170/ファクス:0257-24-4196
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年04月19日