飼い主のいない猫の不妊去勢手術に県が補助を行っています

事業内容

県は、猫の殺処分削減のため、2016年5月から飼い主のいない猫の不妊去勢手術に対して、手術費の補助を行っています。

補助対象者

県内(新潟市を除く)に生息する飼い主のいない猫を保護し、県が指定する協力動物病院で不妊去勢手術を受けさせ、手術費用を支払った県内在住の個人または団体(新潟市を除く)

補助金額

  • オス:5,000円
  • メス:10,000円

(注意)手術費用がこの金額に満たない場合は実費とします。

受付期間

令和2(2020)年4月1日(水曜日)~3(2021)年3月31日(水曜日)

(注意)期間内でも補助額が250万円に達した時点で補助は終了します。

申請窓口

補助を受ける場合は、事前申請が必要です。詳しくは、柏崎保健所へお問い合わせください。

  • 事業名:飼い主のいない猫の不妊去勢手術補助事業
  • お問い合わせ:新潟県柏崎保健所衛生環境課(電話番号:0257-22-4180)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課 市民窓口係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2200/ファクス:0257-21-2528
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年05月07日