極早生品種「葉月みのり」

葉月みのり風景

「葉月みのり」は新潟県農業総合研究所が開発した極早生品種で、コシヒカリとこしいぶきの食味を受け継ぎ、粒が大きく甘みの強さが特徴です。

8月(葉月)に収穫(みのり)できることから「葉月みのり」と命名されました。

柏崎市は、お盆に収穫される「葉月みのり」に始まり、「こしひかり」や「こしいぶき」など晩秋にかけて新米の収穫が続く、お米の産地です。

県内最速「葉月みのり」の田植えが行われました

田植え

令和3(2021)年4月13日(火曜日)、布施農場で、関係者や比角小学校の5年生が参加して「葉月みのり」の田植えが行われました。

収穫はお盆頃の予定で、新米をいち早く消費者へお届けします。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農政課 農業振興係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2295/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年04月26日