水道管の凍結にご注意ください

冬は水道管が凍結し、水道が使えなくなったり、水道管が破裂しやすくなります。

敷地内の水道管は個人財産のため、解氷や修理にかかる費用は自己負担です。

凍結を防ぐために、早めの対策をしましょう。

水道管の凍結を防ぐために

水道管に保温材や布を巻き上からテープで固定する過程のイラスト

むき出しの水道管には保温材などを巻いておきましょう!

  • 屋外のむき出しになっている水道管に保温材を巻き、上からテープで固定して、凍結を予防しましょう。保温材は、ホームセンターや指定給水装置工事事業者で販売しています(応急的には、タオル等を巻いてテープで固定する事も効果があります)
  • 氷点下4度以下の冷え込みが予想されるときは、蛇口から細く水を出しておくことが有効です
  • 冬期間不在のときは、水道の使用を中止するか、メーターボックスの中のバルブを閉めましょう

水道管が凍結したときは

水道管の中の水をぬるま湯をかけて溶かしているイラスト

凍結した場合は、ぬるま湯でゆっくり溶かしましょう。熱湯は厳禁です!

  • 自然に溶けるのを待つか、蛇口や配管にタオルなどを当て、ぬるま湯をゆっくりとかけてください
  • 熱湯をかけると、管が破裂する恐れがあります! ご注意ください
  • 床下や壁の中の水道管が凍結している場合は、部屋を暖めて待つことも得策です
  • 給湯器からお湯が出なくなったら、設置した工事店またはメーカー等に、お問い合わせください

もし凍結により水道管が破裂したら

メーターボックスの中のバルブを閉め、お近くの指定給水工事事業者に修理を依頼してください。

もしもに備え、積雪でメーターボックスが見えなくなる前に、メーターボックスの位置と、中のバルブの開閉操作の確認をしておきましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道局 施設維持課 修繕係

〒945-0053
新潟県柏崎市鏡町1番11号 上下水道局1階
電話:0257-22-6116/ファクス:0257-22-4100
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2023年01月26日