柏崎市業務継続計画【震災対策編】を策定しました

柏崎市業務継続計画【震災対策編】とは

柏崎市業務継続計画【震災対策編】とは、本市で大規模地震が発生した際、市役所も被災し、人、物、情報等資源に制約がある状況下で、優先的に実施すべき業務を特定するとともに、業務の執行体制や対応手順、継続に必要な資源の確保等をあらかじめ定め、行政の業務継続性を確保し、市民生活への影響を最小限に抑えるためのものです。

柏崎市業務継続継続計画【震災対策編】

本編

  • 業務継続計画とは:1ページ
  • 業務継続計画策定の効果:2ページ
  • 想定される災害:3~4ページ
  • 業務継続計画の特に重要な6要素:5~50ページ
    • 市長不在時の明確な代行順位および職員の参集体制:6ページ
    • 本庁舎が使用できなくなった場合の代替庁舎の特定:7~8ページ
    • 電気、水、食料等の確保:9~10ページ
    • 災害時にもつながりやすい多様な通信手段の確保:11ページ
    • 重要な行政データのバックアップ:12~13ページ
    • 非常時優先業務の整理:14~50ページ
  • 業務継続計画の継続的な改善:51ページ
    • 業務継続マネジメントの必要性:51ページ
    • 職員の教育・訓練:51ページ
    • 必要な資源の確保と推進体制:51ページ
    • 計画の点検・検証・見直し:51ページ

資料

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理部 防災・原子力課 防災係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2316/ファクス:0257-21-5980
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日