医薬品などで健康被害を受けた方を救済します

医薬品による副作用や生物由来製品による感染で、入院が必要な程度の疾病や障がいなどの健康被害を受けた方を救済するための公的な制度があります。

請求の方法や給付の種類、対象とならない場合などは相談窓口にご相談ください。

医薬品副作用被害救済制度

もしものときに、あなたのために。医薬品副作用被害救済制度 お薬を使う全ての方に知ってほしい制度です。

医薬品は、適正に使用していてもなお、副作用を完全に防ぐことは困難です。胃のむかつきや眠気などの軽い症状で済む場合もあれば、まれに入院が必要になるほどの重篤な副作用もあります。

このような入院治療が必要になるなどの重篤な健康被害が発生した場合に、救済給付を行います。

生物由来製品感染等被害救済制度

生物由来製品を適正に使用したにもかかわらず、その製品を介した感染などにより、入院治療が必要な程度の疾病や日常生活が著しく制限される程度以上の障がいなどの健康被害を受けた方に救済給付を行います。

生物由来製品とは

人やその他の生物(植物を除く)に由来するものを原料または材料として製造される医薬品、医療機器および再生医療等製品です。

例えば、医薬品では輸血用血液製剤やワクチンなど、医療機器ではブタ心臓弁やヘパリンを塗布したカテーテルなどがあります。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)救済制度の相談窓口

まずは、電話やメールでご相談ください。

電話番号

0120-149-931(フリーダイヤル)

受付時間

月曜日~金曜日の午前9時~午後5時(祝日・年末年始を除く)

Eメール

PMDAのバナー画像

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 国保医療課 地域医療係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-21-2210/ファクス:0257-24-7714
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日