熱中症に注意しましょう

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節がうまくできなくなったりして、体内に熱がこもった状態です。

体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざま症状が現れ、屋外だけでなく屋内で何もしていないときでも発症します。

熱中症の正しい知識を身につけ、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症を予防しましょう!

暑さを避ける

室内では

エアコン
  • 扇風機やエアコンで温度を調節
  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
  • 室温をこまめに確認
  • WBGT値も参考に

(注釈) WBGT値とは、気温や湿度、輻射(放射)熱から算出される暑さ指数です。運動や作業の度合いに応じて基準が定められています。

屋外では

  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

からだの蓄熱をさけるために

  • 通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

こまめに水分を補給する

木陰で水分補給をする男性のイラスト

室内でも、屋外でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、スポーツドリンクなどを補給する。

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう!

熱中症の症状には、めまいや立ちくらみ、筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)、手足のしびれ、頭痛、吐き気、集中力の低下、呼びかけへの反応がおかしいなどがあります。

熱中症は、放置すれば死に直結します。

熱中症の手当て

周りの方にできる手当て

  1. 涼しい所で休ませ、服を緩め、楽にする
  2. ぬれタオルをあて、強くあおぐ。首、脇、足のつけ根などを冷やす
  3. 水分を自分で飲める場合は、冷たい水を持たせて自分で飲んでもらう。びっしょり汗をかいていたら、冷たいスポーツ飲料や食塩水(水1リットルに塩1~2グラムの濃さ)も有効

「呼びかけや刺激に対する反応がおかしい」時は、誤って水分が気道に流れ込む可能性があるため、口から水分をとらせるのは禁物です。医療機関へ搬送しましょう。

熱中症は刻々と症状が変わります

症状が軽い場合でも、30分から1時間は付き添って、様子を見守りましょう

症状が改善しない、飲み物を自分で飲めない、受け答えがいつもと違うなどの症状があれば、救急車を呼び、状況を医師に伝えましょう

熱中症についての情報

厚生労働省

環境省

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 健康推進課 地域保健係

〒945-0061
新潟県柏崎市栄町18番26号 元気館2階
電話:0257-20-4214/ファクス:0257-22-1077
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年08月16日