食品ロスを減らそう!「7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー」

「食品ロス」とは、本来は食べられるのに、捨てられてしまう食べ物のことです。

日本の食品ロスは、平成30(2018)年度の推計で約600万トン。そのうち、家庭からは276万トンあったとされています。これは、国民1人当たり、1日につきお茶碗1杯分のご飯の量です。

食品ロスは、国内外で関心が高まっています。
その削減に向けて、私たち消費者一人一人が主体的に取り組むことが重要です。

7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー

「7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー」を用いて、ご自宅の食品ロスの発生量を調べてみませんか?

「食べ残し(少し食べたけれど捨ててしまった食べ物)」や「手つかず食品(少しも食べずに捨ててしまった食べ物)」を見つけて記入していくだけで、ご自宅の食品ロスの量に気づくことができます。

食品ロス削減のお願い

令和元(2019)年9月に行った市民アンケートの結果によると、よく出してしまう食品ロスは「食べ残し」が50.1%と、半数を占めることが分かりました。

家庭や外食での食べ残しを減らし、環境にやさしい生活を実践しましょう。

食品ロスを削減するための4つの取り組み

  1. 食材を上手に使い切り、食品ロスが少ない調理を実践しましょう。
  2. 冷蔵庫の中身をチェックし、食品を買いすぎないように心がけ、手つかずの食品をすてることのないようにしましょう。
  3. 自宅での食事や外食の際の食べ残しを減らしましょう。
  4. 飲食店で食べ残したお料理は、持ち帰れないかお店に確認しましょう。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境課 資源循環係

〒945-0011
新潟県柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)
電話:0257-23-5170/ファクス:0257-24-4196
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年11月29日