ごみを減らすため、「3R(スリーアール)」に取り組みましょう

スーパーやコンビニ、ファストフード店など、まちへ出掛けると欲しい物がいつでも買えて、とっても便利。
でも、買い物をしたり、食事をしたときには必ず「ごみ」が出ています。
たくさん増えていく「ごみ」を、一人一人の取り組み(運動)で減らし、環境にやさしい暮らしをしましょう。

次のような3R(スリーアール)の取り組みなどを参考に、今できることから始めてみましょう。

リデュース(Reduce)…ごみを作らない(発生させない)運動

  • 食べ残しをすると「生ごみ」になるので、食べ残さない
  • エンピツや消しゴムなど、小さく使いづらくなっても、なるべく最後まで使い切る
  • 買い物には「レジ袋」をもらわず、「マイバック(買い物袋)」を使う
  • 使い捨ての物は使わない(紙コップ、紙皿、割り箸など)

リユース(Reuse)…ごみを出さない(繰り返し使う)運動

  • 遠足、お出掛けなどでは、「マイボトル(水筒など)」を使う
  • 使いつぶした歯ブラシ、破れて着れなくなった服を利用して、部屋の掃除をする
  • シャンプーや洗剤などは、詰め替えができるものを選ぶ

リサイクル(Recycle)…ごみを生かす(資源に戻す)運動

  • びん、缶、ペットボトル、プラスティックや新聞紙などの資源物は、分別してリサイクルしやすくする
  • ノートなどを買うときには、環境にやさしい商品としてつけられている「エコマーク」商品を選ぶ

一番大事なのは「リデュース」です。ごみを始めから出さないように考えて生活することが大切です。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境課 資源循環係

〒945-0011
新潟県柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)
電話:0257-23-5170/ファクス:0257-24-4196
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日