柏崎市空家等対策計画を策定しました

近年の全国的な少子高齢化、人口減少の流れの中で、市内において居住やその他の使用がなされていない空家が増加しています。適切な管理が行われなくなった空家は、安全性の低下、公衆衛生の悪化、景観の阻害など多くの問題を引き起こし、市民の生活環境に深刻な影響を及ぼします。

この空家問題に対して、国は2015年5月に空家等対策の推進に関する特別措置法(空家法)を施行し、空家等対策計画の作成を市町村の責務としました。これを受けて、本市は2016年4月には条例の改正を行うとともに、2017年1月から空家等対策計画の作成に着手し、2018年3月に計画を策定しました。

今後は、この計画に従い総合的かつ計画的な空家等対策に取り組みますので、市民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

赤い屋根に白い壁、茶色のドアがついている二階建ての家のイラスト
瓦の屋根に引き戸の玄関がついている日本家屋風の二階建ての家のイラスト
二階建ての家の前にごみ袋や粗大ごみが山積みになっているイラスト
屋根や外壁、家の周りに草が生えて窓が割れている家のイラスト

計画の基本方針

1.所有者管理の原則

空き家は私有財産であり、所有者などが自ら管理することが原則です。

2.空き家発生の抑制(適正管理・活用・除却の促進)

空き家が、周辺に悪影響を及ぼす特定空家にならないよう対策を進めます。

3.特定空家の問題解決

特定空家の所有者に対し、空家法に基づく行政指導を行うなど、問題解決を図ります。

計画の期間

平成30(2018)年度から令和8(2026)年度の9年間

計画の概要

空き家の適切な管理の促進

総合相談窓口の設置、市ホームページへの情報掲載

空き家・跡地の活用促進

全国版空き家・空き地バンクへの参画、空き家活用支援事業の拡充

空き家の除却促進

特定空家の除却支援制度の創設、財産管理人選任による問題解消

特定空家に対する措置の実施

適切な行政指導・命令・代執行の実施、緊急安全対策の適正実施

空き家対策の実施体制

空家対策関係課長連絡会議の開催、関係団体との連携協定の締結

柏崎市空家等対策計画

計画策定に至る経過

空家等対策計画の策定にあたっては、学識経験者と地域代表者からなる空家等対策計画策定協議会を設置し、計画に関する意見の聞き取りを行いました。

この記事に関するお問い合わせ先

都市整備部 建築住宅課 指導係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館4階
電話:0257-21-2291/ファクス:0257-23-5116
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日