あなたも認知症サポーターになりませんか

柏崎市は、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指して、認知症の人やその家族を支える応援者になっていただく認知症サポーターを養成しています。

「認知症ってどんな病気?」「認知症の人に対してどう接すればよいの?」といったことを学びます。

地域の集まりはもちろん、企業や学校などでも認知症サポーター養成講座を開催してみませんか?

認知症サポーターとは

何か特別なことをする人ではありません。

認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を支える応援者のことです。

認知症サポーターになるには

認知症サポーター養成講座を受講した人が「認知症サポーター」となります。

受講者には「オレンジバッジ」をお渡しします。

「オレンジバッジ」は、認知症サポーターの証です。

認知症サポーター養成講座

講座内容

認知症サポーターのできることなど、認知症に関する基礎知識の習得、認知症の人やその家族への支援の在り方を学びます。

認知症を理解する

  1. 認知症とはどういうものか
  2. 認知症の症状
  3. 中核症状
  4. 行動・心理症状とその支援
  5. 認知症の診断・治療
  6. 認知症の予防についての考えかた
  7. 認知症の人と接するときの心がまえ
  8. 認知症介護をしている人の気持ちを理解する

グループ向け講座の開催

講座を受講したい方は、おおむね10人以上の団体でお申し込みください。

申し込み方法

開催希望日のおおよそ1カ月半前までに、申込書に必要事項を記入し、介護高齢課地域包括支援係に提出してください。

申し込み団体と日時・内容などを調整し、認知症サポーター養成講座の講師役である「認知症キャラバン・メイト」を派遣します。

費用

無料(会場使用料は自己負担です)

時間

60~90分程度

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 介護高齢課 地域包括支援係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館1階
電話:0257-43-9125/ファクス:0257-21-4700
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年11月16日