幼児教育・保育の無償化が始まりました

令和元(2019)年10月1日から、3~5歳児クラスの幼稚園・保育園などの利用料が無償になりました。

(注意1)無償化には上限があります。また、含まれない費用があります。

(注意2)0~2歳児クラスは住民税非課税世帯も対象です。

保育園・認定こども園・幼稚園に入園している方へ

保育園・認定こども園(保育園部分)に入園している方

無償化の対象児童

  • 3歳児(3歳の誕生日を迎えた後の4月以降)~5歳児のお子さん
  • 0歳児~2歳児の非課税世帯のお子さん

(注意)上に記載の児童の場合、無償化に関する手続きはありません。

無償化対象外の費用

  • 副食費(おかず・おやつ代):月4,500円程度(私立の施設は園によって金額が異なります。また、世帯の状況や収入により免除になることがあります。)
  • 実費徴収の費用(通園送迎費、行事費、絵本代、延長保育料など)

幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)に入園している方

無償化の対象児童

  • 満3歳児(3歳の誕生日以降)~5歳児のお子さん

(注意)上に記載の児童の場合、無償化に関する手続きはありません。

預かり保育を利用する場合
  • 3歳児(3歳の誕生日を迎えた後の4月以降)~5歳児のお子さん:利用日数×450円(上限11,300円)が無償
  • 満3歳児(3歳の誕生日以降)の非課税世帯のお子さん:月額16,300円まで無償

ただし、無償化の対象になるためには、預かり保育を利用する前に、市から保育を必要とする認定を受ける手続きが必要です。また、利用後は料金を支払った後で、対象となる金額を市に請求する手続きも必要です。詳しくは、「幼稚園、認定こども園の預かり保育や認可外保育施設などの利用料が無償化されました」をご覧ください。

保育を必要としていない方など無償化の対象にならない場合は、引き続き有料でご利用いただけます。

無償化対象外の費用

  • 実費徴収の費用(通園送迎費、行事費、給食費など)

保育園・認定こども園・幼稚園に入園していない方へ

認可外保育施設や一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業などを利用したときに、無償化の対象になることがあります。

無償化の対象児童

  • 3歳児(3歳の誕生日を迎えた後の4月以降)~5歳児のお子さん:月額37,000円まで無償化
  • 0歳児~2歳児の非課税世帯のお子さん:月額42,000円まで無償化

無償化の対象になるためには、施設や事業を利用する前に、市から保育を必要とする認定を受ける手続きが必要です。また、利用後は料金を支払った後で、対象となる金額を市に請求する手続きも必要です。詳しくは「幼稚園、認定こども園の預かり保育や認可外保育施設などの利用料が無償化されます」をご覧ください。

保育園・認定こども園・幼稚園に入園している方や保育を必要としていない方など、無償化の対象にならない場合は、引き続き有料でご利用いただけます。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

子ども未来部 保育課 保育係

〒945-0061
新潟県柏崎市栄町18番26号
電話:0257-21-2233/ファクス:0257-22-1077
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年05月12日