柏崎さけのふるさと公園

新型コロナウイルスの拡大防止のため、マスクの着用人と人の間隔確保にご協力ください。

公園入口には、柏崎さけのふるさと公園と彫られた背の高い石碑があり、その後ろにさけ増殖事業の資料などが展示されている展示館の写真

柏崎さけのふるさと公園は、サケを中心に自然環境や生命の大切さを学習できる施設です。

谷根(たんね)川に通じる人工河川にはガラス張りの観察窓があり、11月上旬~12月上旬にかけて遡上してくるサケを真横から観察することができます。

また、公園内の展示館には、谷根川を中心としたサケの増殖事業の資料が展示されているので、サケのいない時期でも学ぶことができます。

サケのお腹から卵を取り出す作業をしているところ

サケの増殖事業(10月中旬~3月下旬)

人工河川の中が見えるように観察窓がついています

サケをガラス越しに観察できる人工河川

観察窓から見えるたくさんのサケ

たくさんのサケが帰ってくる11月中旬~12月上旬が、お勧めです。

事業紹介

サケの増殖事業

サケ資源を守り・増やしていくために、サケの増殖事業(採卵、稚魚の飼育・放流)に取り組んでいます。
増殖事業に供したサケは、塩引きサケやサケのみそ漬け、サケのハンバーグなどに加工・販売し、有効利用しています。

サケ加工品の販売期間は10月下旬~12月下旬ですが、サケの獲れ具合によって販売時期が異なりますので、事前にお問い合わせください。

総合学習事業

小中学校などの「サケの増殖事業」に関する学習に協力しています。

事前にお申し込みをいただければ、人工授精作業の見学やサケの一生について説明することも可能です。説明を希望する場合は、予定日の1カ月前をめどに、柏崎市さけ・ます増殖事業協会(柏崎市農林水産課内)へお申し込みください。特に11月は込み合いますので、お早目にお申し込みください。

また、時期によっては「さけ汁」(有料)などを提供することも可能ですので、お申し込み時にご相談ください。

イベント

さけ豊漁まつり

毎年、11月下旬の土曜日と日曜日(2日間)にさけの豊漁を祝うお祭りを開催しています。

さけのつかみ捕り(有料)や人口受精の無料体験、さけ鮮魚・加工品の販売などを行います。

さけ放流式

毎年、3月下旬~4月上旬の土曜日に、放流したサケが、数年後に元気に谷根川に帰ってくることを祈願して開催しています。

さけ稚魚の放流やミニイベントなどを実施します。

毎年の実施日はイベントカレンダーでお知らせします。

施設情報

施設情報 一覧
所在地 柏崎市大字青海川81番地4
電話番号 0257-26-2305
ファクス 0257-26-2305
利用できる時間 午前9時~午後5時
休日
  • 4月~9月の水曜日
  • 年末年始(12月28日~1月3日)
  • 1~3月(冬期休館)
利用料金 無料
設備(例 車椅子専用トイレ、授乳室など) 多目的トイレ
詳細情報 お問い合わせは農林水産課林業水産係(電話番号0257-43-9131)へ。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農林水産課 林業水産係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2300/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年10月20日