クーリング・オフって、どんな制度ですか?

クーリング・オフとは、訪問販売や電話勧誘販売、マルチ商法などで契約した後に、一定期間以内であれば無条件で契約を解除できる制度です。
クーリング・オフにより契約をやめるときは、特別な理由も費用も一切必要ありません。

クーリング・オフの効果

クーリング・オフをすると、契約はなかったことになります。
受け取り済みの商品は事業者に返品し、支払い済みのお金は全額返金してもらうことができます。
工事契約で施工済みの場合は工事前の状態に戻してもらえます。
返品費用や工事前の状態に戻す費用は事業者が負担します。
役務契約ですでにサービスを受けている場合でも、代金を支払う必要はありません。

クーリング・オフの対象になる契約とクーリング・オフできる期間

  1. 訪問販売(8日間)
    • 自宅に訪問して行う取引
    • キャッチセールス(路上で呼び止めた後、営業所や店舗に同行させて行う取引)
    • アポイントメントセールス(電話で販売目的を告げずに事務所や店舗に呼び出して行う取引)
  2. 電話勧誘販売(8日間)
    • 電話で勧誘し、申し込みを受ける取引
    • 電話をいったん切った後、消費者が郵便や電話で申し込みを行う場合も該当
  3. 特定継続的役務提供(8日間)
    • エステティックサロン
    • 語学教室
    • 家庭教師
    • 学習塾
    • 結婚相手紹介サービス
    • パソコン教室
  4. 連鎖販売取引(マルチ商法)(20日間)
    個人の販売員が勧誘し、さらに別の販売員が勧誘して、販売組織が連鎖的に拡大して行う商品・役務の取引
  5. 業務提供誘引販売取引(20日間)
    教材、チラシなどの購入を伴う内職
  6. 訪問販売(8日間)
    原則、全ての物品
    (注意)以下は対象外です。
    自動車(二輪を除く)、家具、家電(携行が容易なものを除く)、本、CD、DVD、ゲームソフト、有価証券(商品券や株など)、消費者自らが自宅での契約を請求した場合、御用聞き・常連取引や転居に伴う売却

(注意1)クーリング・オフ期間の日数は、契約書を受け取った日を含みます。
(注意2)通信販売にはクーリング・オフ制度はありません。注文する前に、返品についてよく確認しましょう。

クーリング・オフの方法

書面で契約解除の意思を事業者に通知します。
書面ははがきで構いません。はがきは両面コピーしておきましょう。
証拠を残すために、簡易書留か特定記録郵便で送付します。

通知先

  • 現金払いの場合…販売会社
  • クレジット払いの場合…クレジット会社と販売会社

はがき(裏面)の書き方

契約解除通知書と見出しを書きます。
次に、契約年月日、商品名、契約金額、販売会社名、担当者名を書き、「上記の(クレジット)契約を解約します。」と書きます。
最後に、日付け、契約者住所・名前を書きます。
販売会社宛てのはがきには、「支払い済みの○○○円をすみやかに返金し、商品を引き取ってください。」と書き加えます。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民活動支援課 生活安全係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2272/ファクス:0257-22-5904
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年01月31日