わが家の防災計画

防災意識を高め、命を守ろう

災害はいつ起きるかわかりません。

大切な命を守るため、いざという時に適切な対応ができるよう、ご家庭の防災について再確認しましょう。

非常持出品を準備しましょう

非常用のリュックのイラスト

日常生活に欠かせないものは、災害時にすぐに持ち出せるようしておきましょう。

持ち出し用の袋は、両手が空くようにリュックタイプのもので、持って走ることができるように10キログラム以内にしましょう。

非常持ち出し袋に入れておくもの(例)

  • 通帳、運転免許証、健康保険証、診察券、お薬手帳、証書類
  • 印鑑(通帳とは別々に保管)
  • 現金(小銭もあると良い)
  • 家、車の合鍵
  • 筆記用具(油性ペン、ノート)
  • ペットボトルの水(500ミリリットルを2本)
  • 非常食(すぐに食べられるもの)
  • 懐中電灯、電池
  • 携帯電話の充電器、バッテリー
  • FM、AMラジオ(手巻き充電式が良い)
  • マスク
  • 眼鏡、コンタクトレンズ
  • 洗面用具(歯みがき、洗顔セット、タオル大小など)
  • ウェットティッシュ
  • 医療品(常備薬、消毒液、ばんそうこうなど)
  • 使い捨てカイロ
  • 防寒保温シート
  • ヘルメット、防災ずきん、ホイッスル
  • 防寒着、雨カッパ
  • 軍手、手袋
  • アイマスク、耳栓
各自で必要なもの

家族構成に合わせて、以下のものも用意しておくと安心です。

  • 乳幼児:ミルク、おむつなど
  • 高齢者:大人用おむつなど
  • 女性:生理用品など
  • ペット:ペットフードなど

備蓄品を準備しましょう―非常食は最低3日分、できれば7日分を

収納されている備蓄品のイラスト

大規模災害が発生した場合、ライフラインや物流が復旧するまで長期に及ぶことが考えられます。

調理に手間がかからない非常食を各自で十分に用意しておきましょう。

また、自宅や避難所で過ごすためのものも、用意しておきましょう。

災害が起きたとき…ご家庭での備えは大丈夫ですか」も併せてご覧ください。

備蓄品の例

  • 飲料水(1人1日当たり2リットルを3本)
  • 食料(インスタント、レトルト、缶詰など)
  • 食器(スプーン、フォーク、割り箸、トレー皿、使い捨てコップ)
  • ラップ、アルミホイル
  • ナイフ、缶切り、栓抜き
  • カセットコンロ、カセットボンベ
  • ろうそく、ライター
  • アウトドア用品(テント、寝袋、ランプなど)
  • バーベキューセット、木炭、固形燃料
  • 梱包用ひも、風呂敷
  • はさみ、カッター
  • 布製ガムテープ
  • 裁縫セット
  • 着替え
  • 洗面、風呂セット
  • ダンボール箱(5、6箱)
  • ビニール袋、ゴミ袋(大)
  • 新聞紙
  • トイレットペーパー
  • ポリタンク(給水用)
  • 台車、カート(運搬用)

非常時の連絡体制を確認しておきましょう

スマートフォンのイラスト

電話がかかりにくいケースも想定し、安否確認の方法は複数の手段を準備しておきましょう。

電話を利用した安否確認方法

インターネットを利用した安否確認方法

携帯電話会社ごとの災害用伝言版
NTTドコモ
KDDI(au)
ソフトバンク
ワイモバイル
SNS

避難所などを事前に確認しましょう

学校のイラスト

日ごろから、自宅や職場の近くの避難場所・避難所を把握しておきましょう。また、安全に避難できる道もあらかじめ確認しておきましょう。

柏崎市内の避難場所は、まちナビ柏崎で確認できます。

自分から正しい情報を確認しましょう

パソコン

災害が発生したときに、状況に応じた正しい判断をするためには、正しい情報を入手することが大切です。

以下のリンクから、必要な情報を入手し、適切な行動をとりましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理部 防災・原子力課 防災係

〒945-8511
新潟県柏崎市日石町2番1号 市役所 本館3階
電話:0257-21-2316/ファクス:0257-21-5980
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年04月13日