がんを防ぐ ―生涯で2人に1人が「がん」になる時代

新たにがんになった方は約100万人にのぼります(2016年度)。がんは珍しい病気ではありません。

以下の5つの健康習慣を実践することで、がんになるリスクはほぼ半減します。

がんを予防する5つの健康習慣

禁煙する

煙草に禁止マークの付いた喫煙禁止マークのイラスト
  • たばこは吸わない
  • 他人のたばこの煙をよける

たばこを吸う人は吸わない人に比べ、がんになるリスクが約1.5倍に高まります。

飲酒量を適量にする

飲酒量の目安は1日1合

飲酒量が1日1合未満に比べ、2合以上で40パーセント程度、3合以上で60パーセント程度、がんになるリスクが高くなります。

食生活を見直す

みそ汁やご飯、サラダ焼き魚など、バランスの良い低カロリーで健康的な食事をする男性のイラスト
  • 減塩する
  • 野菜と果物を摂る
  • 熱い飲み物や食べ物は冷ましてから

日本人に多い胃がん、食道がんのリスクが低くなります。

体を動かす

女性がタオルを首にかけて、歩く運動をしているイラスト

こまめに体を動かす(習慣がない人はまずはプラス10分体を動かしてみましょう)

活動量が多い人ほどがんになるリスクは低下します。

適正体重を維持する

体重計のイラスト
  • 太りすぎ、やせすぎに注意

健康全体のことを考えると男性はBMI値21~27、女性は21~25の範囲になるように体重を管理するのが良いでしょう。BMI値は、以下の計算式で求められます。

  • BMI値=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)

5つの健康習慣についての詳しい内容はこちらをご覧ください。

がん検診を受けましょう

がんは早期発見、早期治療が非常に重要です。そのためにも、日々の生活習慣に気を付けるとともに、がん検診もしっかり受けましょう。

職場などで受ける機会のない社会保険の方も、がん検診は受けることができます。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 健康推進課 健康増進係

〒945-0061
新潟県柏崎市栄町18番26号 元気館2階
電話:0257-20-4213/ファクス:0257-22-1077
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年04月08日